【バイク】タイヤの皮むきって何だ!?必要性と方法を解説

 

タイヤを新しいものに交換した場合や新車を購入した時にタイヤの皮むきをしてくださいと言われることがあります。

 

これからバイクライフを始める初心者にとって最初は皮むきって何のことなのか全然わからないと思いますし、やり方も人によっていくつか方法があるようです。

 

今回はそんな新品タイヤの慣らし、「皮むき」について解説していきますので参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

新品タイヤは滑りやすい!?

 

タイヤというのはグリップ力が非常に大切です。特にバイクはスリップが転倒などの重大な事故につながるのでしっかり管理しなければなりません。

 

劣化してくるとグリップ力がなくなって危険なので新品タイヤに交換するわけですが、実は新品タイヤも滑りやすいと言われています。これは以下の理由があるからですね。

 

ワックスが塗られている

 

新品タイヤをよく見ていただくとわかると思いますが、表面がツルツルしていてきれいです。これはタイヤの表面を保護するためのワックスが塗布されているからですね。

 

購入されるまでの間にタイヤが劣化しないようにという点と、見栄えをよくする目的で塗られていますがこれが滑りやすい原因の一つになっています。

 

走るという本来の目的の上ではまったく必要ないものですから、タイヤの皮むきというのはこれを落とすという意味も含まれます。

 

離型剤が残っている

 

タイヤというのは製造時、型に液状ゴムを流し込み固めることで成形します。型にはめて作成する物は全部そうですが、固まった後に型から外しやすいように離型剤と呼ばれるものが使われます。

 

この離型剤というのがワックスと同じようなツルツルしたコーティングになりますので、滑りやすい原因になるのですね。これも走る上では必要がないですので落とした方がいいでしょう。

 

以上の2つが新品タイヤが滑りやすいと言われている要因になります。実際に新品タイヤを触ってみるとツルツルしているのが手で触ってもわかると思います。

 

具体的なタイヤ皮むきの方法

 

実際にタイヤの皮むきを行う場合はいろいろな方法があるようです。効果があるのかはわかりませんが、一般的に広められているものを紹介していきます。

 

食器用洗剤で洗う

 

よく言われているのが食器用洗剤とたわしでタイヤを洗うという方法です。ワックスや離型剤というのは油性なのでこれを落とすには洗剤は最適です。

 

完了の目安としてはタイヤを乾かした後にツヤがなくなっていればOKのようです。また水をかけた時に弾かなければワックスが残っていないということになります。

 

気軽にできる内容だと思いますので洗車のついでにやってしまうのがいいかもしれませんね。

 

紙やすりで削る

 

ネットなどではサンドペーパーでタイヤ表面を削るなんていう方法も紹介されていましたが、これはあまりおすすめはできないです。

 

表面を落とすという意味では間違いではないのですが、手で削り落とすと均一にならなかったり削りすぎて逆にタイヤに傷がついたりといったトラブルが起きる可能性があります。

 

またコンクリートブロックでこするなんていう意見もありましたが、これも上記同様の理由でおすすめできません。鵜呑みにしないようにしましょう。

 

ゆっくりと走って皮をむく

 

これが一番確実で安心できる方法ですね。実際に道路を走ってアスファルトとの摩擦でタイヤ表面を削るのが最もおすすめです。

 

実際に道を走りながらグリップ感を確かめることができますし、乗り心地などもテストできるというメリットがあります。

 

ただ安全面からスピードは出せないので走る道は選びましょう。広い道路や交通量の多い道路は避けて低速でも邪魔にならない場所でやるのがいいですね。

 

スポンサードリンク

 

皮むき走行のポイント

 

実際に皮むき走行をする際のポイントを紹介していきます。

 

路面が濡れている時は避ける

 

雨あがりなどで路面状態がウェットの時は皮むき走行を避けるようにしましょう。路面が濡れているとアスファルトとタイヤの摩擦が低いので効率が悪いですし、そもそも滑りやすく危険です

 

バイクの走行自体、雨の中の運転というのはリスクがつきものです。タイヤが滑りやすい状態の時にあえて走ることはないでしょう。路面状況が整うまで待つのが賢明です。

 

ちなみに雨の中のバイク運転の注意点に関しては以下の記事で詳しく解説しています。よかったら参考にしてください。

【注意】雨の日、バイクの運転で気を付けるポイント

 

走行距離は100km前後が目安

 

走行距離に関してはタイヤの種類やバイクによって異なるので一概には言えませんが、だいたい100km前後が目安のようです。

 

これくらい走っておけば表面のコーティングに関してはほぼほぼ残っていないでしょう。タイヤのグリップ感もしっかり感じることができると思います。

 

タイヤ側面の皮むきについて

 

直線が多い道で皮むきをするとタイヤの縁が路面に触れないのでワックスや離型剤が残るのではないか、と感じる人も多いと思います。

 

ここを解決するために意図的に曲がり角を走るのも効果的ですね。また広い駐車場などで8の字スラローム走行を繰り返すのもおすすめです。

 

バイク運転の練習にもなりますし皮むきもできて一石二鳥です。ただ、皮むきが甘いうちはスリップの危険もありますので過度にバンクはさせすぎないようにしましょう。

 

さいごに

 

いかがでしょうか。タイヤの寿命や管理に関しては以下の記事でも細かく解説しているので参照してみてください。

バイクのタイヤ寿命はどれくらい?交換のサインを知っておこう!

 

タイヤの皮むきに関しては街乗りメインの用途であれば必要ないという意見もあります。

 

峠やサーキットを走る人はもちろん、街乗りでも時間に余裕があればやるにこしたことはありませんが、自分のバイクスタイルによって判断していきましょう。

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイクの乗り心地が変わる!タイヤの空気圧チェックの方法を解説!

バイクのタイヤ寿命はどれくらい?交換のサインを知っておこう!