バイクの乗り心地が変わる!タイヤの空気圧チェックの方法を解説!

 

愛車のタイヤの空気圧、定期的にチェックしているという人はどれくらいいるでしょうか。

 

タイヤは常に路面に接触しており、走りの性能や乗り心地を大きく左右する重要なパーツとなります。空気圧を適正に保つことであなたのバイクライフはより充実したものとなるでしょう。

 

ただ空気圧のチェック方法や適正値、そもそも空気圧が低かったり高かったりするとどんな影響があるのかという点については詳しくないという人も多いと思います。

 

今回はそんな人のためにタイヤの空気圧に関するあれこれを解説していきますので、今まであまり気にしていなかった人は参考にしてください!

 

スポンサードリンク

 

空気圧が変わることによる影響

 

乗り心地が変わる

 

空気圧が高かったり低かったりすることで体感的に感じるのはバイクの乗り心地ですね。空気圧が高いとタイヤが跳ねるのでロードノイズを拾いやすく、乗り心地が悪くなります。

 

ちょっとした凹凸や小石を踏んだだけでもタイヤが影響を受けるので、悪路を走ることが多いオフ車などではあえて空気圧を低めに設定することもあるようです。

 

普通に舗装された道やサーキットなど凹凸のない道を走ることが多い人はあまり気にする必要はありませんが、快適に乗りたければ空気圧は上げすぎない方がいいということになります。

 

燃費が変わる

 

空気圧が低いとタイヤと路面間の摩擦や抵抗が増えるため、タイヤを動かすのにより大きな力が必要となります。つまり燃費が悪くなるということですね。

 

自転車を想像するとわかりやすいですが、空気の抜けた自転車ってこぐのがやたら重くて大変じゃないですか?でも空気を満タンにすると軽くなって楽になりますよね。

 

これと同じことがエンジンにも言えます。空気圧が高い方が路面との抵抗が減って少ない力で動かせるようになり、結果的に燃費の向上につながるというわけです。

 

グリップ力が変わる

 

上記で空気圧が高いと路面との抵抗が減ると書きましたが、それはつまりタイヤのグリップ力が下がるということでもあります。

 

サーキットや峠を走る人はグリップ力が低いとコーナーでバイクを倒した時にタイヤの接地感が低くなり怖いですし、転倒するリスクも上がります。

 

ハイグリップタイヤを履いている場合は別ですが、街乗りもできる通常のタイヤで攻めた走りをする場合は燃費を犠牲にしても少し空気圧を低めにする人が多いですね。

 

街乗りしかしないとか通勤や通学の足としてしかバイクを使わないという人ならグリップ力に関してはそこまで気にしなくても大丈夫でしょう。

 

バイクの乗り方で空気圧の適正値が変わる

 

空気圧の適正値はバイクの車種によって様々ですが、規定となる数値は後輪タイヤを支えるスイングアーム部分にシールで貼られていることが多いです。

 

基本的にはそこに書いてある通りの数値を維持するように気を付ければ問題ないですが、上述した通り空気圧の高い・低いはそれぞれメリットデメリットがあるため用途に応じて変えましょう。

 

例えばレースをしたり峠を走りこむような人は車体に貼られた規定値では少し高めの空気圧となります。グリップ力を上げるために10%~15%ほど低い空気圧を維持するのがいいでしょう。

 

ツーリングに出かけるだけとか街乗りメインの人はグリップ力よりも燃費の方が重要だと思いますし、規定値はそういう人を対象としてメーカーが定めた数値になるので基本的に書かれている通りでOKです。

 

スポンサードリンク

 

空気圧のチェック方法

 

空気圧のチェックに関してはガソリンスタンドなどでサービスでやってくれる場合もありますが、できれば自分で計器を買ってこまめにチェックするようにした方がいいでしょう。

 

空気圧は普通に乗っているだけで結構下がってきますし、夏や冬の気温などによっても変化していきます。その時々でベストな数値となるように定期的なチェックが必要です。

 

 

上記のようなエアゲージを使うことで自宅でも簡単に空気圧を計測することができます。タイヤのバルブに計器をはめることで空気圧が測定できるというわけですね。

 

ちなみにバルブに対して垂直に差し込むようにしないと空気が漏れて正確な数値が出ませんので注意してください。「シュー」と音がしていたら空気が漏れています。

 

あとは空気圧の測定はタイヤが冷えている時に行うようにしてください。走行後などタイヤが暖まっている時は空気が膨張するため正確な数字が出せません。

 

値段も1000円前後とお手頃なので1つ持っていた方がいいと思います。

 

タイヤに空気を入れる方法

 

空気圧をチェックして自分の求める数値より低かった場合は空気を入れて調整しましょう。これもガソリンスタンドでやってもらう場合と自分でやる場合の二通りあります。

 

ガソリンスタンドでやってもらう場合は普通にお願いすればバイクに記載された規定値で入れてくれます。もし多少低めにしたい場合はその旨をスタッフの人に伝えましょう。

 

ただバイクに使える空気入れも安価で購入することができるので、エアゲージ同様にバイクメンテナンスの一環として持っていた方がいいと思います。

 

 

上記商品であれば足で踏んで空気を入れるタイプなので自転車の空気入れみたいに手を使うよりは疲れにくく、おすすめです。

 

電源が必要だったりコンプレッサーを搭載している空気入れの方がもちろん早く空気が入って楽なのですが値段が高価になってしまいます。

 

このフットポンプ式なら2000円程度で買えるので財布にも優しいですし、簡単に持ってこれるのでツーリング前にちょっと空気を補充…みたいな使い方ができます。

 

ちなみに空気入れにくっついているエアゲージはどの商品も精度がよくないといったレビューが目立つので、適正値まで入ったかの確認はエアゲージ単体で計測した方がよさそうです。

 

また空気入れの場合もバルブに対してしっかり垂直に接続しないと空気が漏れてしっかり入れることができないので注意してください。

 

あとはバルブ形状によってはうまくハマらずにアダプターが必要になるケースもあります。自分のバイクのバルブが対応しているかも事前に確認しておきましょう!

 

さいごに

 

空気圧をしっかり管理しないとタイヤの消耗が早くなったりホイールが歪んだり、燃費にも影響が出てくるなど様々なトラブルのきっかけとなってしまいます。

 

エアゲージや空気入れなどの器具も安いですし、一度やり方を覚えれば空気圧のチェックや空気を入れる作業はすぐに終わります。

 

バイク乗りなら身に着けておきたいスキルですので、空気圧をチェックしたことのない人はぜひこの記事を参考にしてチャレンジしてみてください!

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイクのタイヤ寿命はどれくらい?交換のサインを知っておこう!

【バイク】タイヤの皮むきって何だ!?必要性と方法を解説