夏にするべきバイク乗りの服装はこれだ!快適な運転をするポイント

 

夏と言えばバイクのシーズンですね!夏休みなどの長期休暇を使ってツーリングに出かける人や、ちょっと週末に遠出しようなんて人が増えてくると思います。

 

しかしそこで悩むのが服装です。バイクに乗っている人はわかると思いますが照り返す夏のアスファルトは想像以上に暑いです。

 

今回はそんな夏におすすめするバイク乗りの服装について書いていきますので、暑くてもバイクを楽しみたいライダーは参考にしてください!

 

スポンサードリンク

 

肌の露出はしない

 

暑くなると見かけるのが半袖や半ズボンなどで肌を露出しているライダーです。気持ちはわかるのですが基本的にバイクに乗る際はオールシーズン長袖長ズボンにしてください。

 

万が一事故や転倒した時に半袖や半ズボンなどで肌を出していると怪我が大きくなってしまいやすいです。アスファルトに擦られて血だらけなんて事態はできるだけ避けたいですよね。

 

バイクの服装はヘルメット・ジャケット・グローブ・パンツ・靴がすべて揃って1セットです。特にツーリングなどに行くときはしっかりとした服装を心がけましょう。

 

実は肌を出している方が暑い

 

実際に夏場にバイクに乗ってみるとわかりますが、肌を出した方が体感としては逆に暑いです。

 

道路というのは日差しを遮るものがないので直射日光が当たりますし、アスファルトからの照り返しもキツイです。

 

また自分のバイクのエンジンから出る熱気や周りの車から出る熱気などもあるので、結構過酷な環境であると言えます。

 

肌が出ているとそれらの熱を直接感じることになりますので、服を着て遮断した方が実は快適なんですね。走っている時は走行風が当たるので涼しい部分もありますが、信号待ちなどはサウナ状態で苦痛です(笑)

 

熱気から肌を保護して少しでも快適に乗れるよう、服装には気を使っていきましょう。

 

日焼け対策になる

 

肌を出さないというのは日焼け対策にもなります。バイクに乗っている間はずっと紫外線に当たることになりますのでたとえ日焼け止めを塗っていてもかなり焼けます。

 

半袖や半ズボンだとかっこ悪い焼け方をしてしまいますし、1日で強烈に焼けるとヒリヒリして辛いです。

 

このような点からも、特に女性ライダーは肌の露出を避けるようにしてください。

 

夏のヘルメットの選び方

 

まずはヘルメットからですが、私は基本的にフルフェイスタイプをおすすめしています。頭は一番守るべき場所ですから、安全性を考えるとフルフェイスが適しています。

 

フルフェイスのように頭全部を覆ってしまうと蒸れて暑いのでは?と思う人も多いかもしれませんが、実際にかぶってみると意外と暑くないです。

 

最近のヘルメットは通気性も考えられており走行風がメット内を循環するような作りにもなっています。他のタイプのヘルメットと比べても暑さはそこまで変わらないかなという印象です。だったらより安全な方がいいですよね。

 

ちなみにヘルメットの種類に関しては以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

初心者が知っておきたいヘルメットの種類とおすすめ

 

色は黒を避ける

 

夏場のヘルメットを選ぶポイントとしては色ですね。黒は熱を吸収するので直射日光にさらされるとかなり熱くなっていきます。

 

その熱はヘルメットの中まで響いてきますのでできれば黒色は避けましょう。車でも黒色は夏暑くエアコンが効きにくいなんて言われていますので色は結構重要です。

 

必ず目を保護する

 

暑さとは関係ないですが、どんなヘルメットを選ぶにせよ目は保護するようにしてください。なぜかというと夏は虫が多く飛んでいるからですね。

 

虫が目に入ってしまうと前が見えなくなり非常に危険です。また高速走行している時は小さな虫でも顔に当たると痛いです。

 

キャップタイプのヘルメットなどでシールドがなければ、サングラスやゴーグルをするなどといった方法で虫アタックを防御するようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

吸水性の高い肌着を選ぶ

 

夏の服装を選ぶ際にはジャケットやパンツなどのアウターはもちろん、一番下に着る肌着も大切です。

 

バイク用の商品をわざわざ買う必要はありませんが、夏におすすめされている吸水性の高いものを選ぶようにしましょう。

 

バイクに乗っていると必ず汗をかきます。肌着が汗を吸いにくい素材だと蒸れて不快な思いをするので夏用の肌着をチョイスしてみてください。

 

素材はメッシュがおすすめ

 

ジャケット・パンツ・グローブなどはさまざまな素材が使われていますが、夏の服装として一番おすすめなのはメッシュを主に使ったものになります。

 

通気性が抜群で走行風が身体を冷やしてくれますし、かいた汗や熱を放出しやすいのでかなり快適です

 

一度メッシュ素材メインの服装をすると夏場はそれ以外着ようとは思わなくなるでしょう。それぐらい他の素材とは違いがあります。

 

ちなみにヘルメットと同じで色はできれば黒系を避けたものの方が、熱を吸収しにくいためより涼しいです。

 

靴はサンダル以外を

 

最後は靴のチョイスになりますが、まず操作性や保護の部分を考えてサンダルや転倒時に脱げやすいものはNGです。足が固定されていないとギアチェンジしにくいので思わぬトラブルを招く原因にもなります。

 

そして夏の快適さを考えるなら靴本体より靴下をメッシュ素材などの通気性が高いものにした方が効果を感じることができるかもしれません。

 

靴そのものもメッシュ素材のものがあればそれに越したことはないですが、靴は変えてもそこまで変化を感じずらいので安全性や見た目重視でもいいでしょう。

 

さいごに

 

いかがでしょうか。夏はバイクシーズンということもあって多くの方がツーリングに出かける時期でもあります。

 

素敵なバイクライフを送るため、いい思い出を作るためには服装を整えることは重要です。今回の記事を参考にして夏の服装をバッチリ決めて出かけてくださいね!

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイク乗りの靴選び!おすすめブーツと選ぶポイント!

バイク乗りの雨対策!レインウェアのおすすめと選ぶポイントを解説!

これさえ知れば迷わない!バイク用グローブの選び方