ソロツーリングの楽しみ方!バイク一人旅でも寂しくない!

 

最近は若者の車離れ・バイク離れなんて言われるようにバイクに乗る人の人口は減少傾向にあります。私の周りにも「バイクが趣味です」という人はあまりいないですね。

 

バイクに乗っているからにはツーリングに出かけたい!と思っていても一緒に行く人がいなくて悩んでいるなんて人も多いと思います。

 

そんな人におすすめしているのが「一人ツーリング(ソロツーリング)」です。行く人がいないなら一人で愛車とツーリングに出かけましょう!

 

「一人で行って楽しいの?」「寂しくないの?」といった声もあると思いますが、やってみると案外気楽で楽しいものですよ。

 

今回はそんなソロツーリングを最大限楽しむためのポイントやコツを紹介していきますので、やってみようと考えている人は参考にしてください!

 

スポンサードリンク

 

マスツーリングとの違い

 

一人で走るソロツーリングとは反対に、大勢で行くツーリングを「マスツーリング」と呼びます。ツーリングというとこのマスツーを想像する人が多いのではないでしょうか。

 

マスツーリングの楽しみは大勢で走ることによる連帯感や行く先々での出来事を共有したり思い出として語らうことにあります。主にバイクをきっかけとした「人との繋がり」に楽しさを見出すものです。

 

それに対してソロツーの場合は当然一緒に行く人がいないのでそういったコミュニケーション的な楽しみはありません。どちらかというと愛車との一体感など「走る事」に重きを置いた楽しみ方になります。

 

人によっては大勢でガヤガヤしたりするのは苦手で自由にマイペースに走りたいという人もいるでしょう。そういった人にはソロツーリングは非常におすすめだと言えますね。

 

なので「一人では寂しいのでは?」と心配な人はまず考え方を変えて「愛車との時間を楽しむ」という意識を持つようにすることがソロツーを楽しむための第一歩です!

 

ソロツーリングはとにかく自由!

 

マスツーリングと違い何もかも自分で決められて自由なのがソロツーリングの一番の魅力です。マスツーは集団行動なのである程度ルールなど制約が必要になりますからね。

 

例えば走っていてちょっと気になるお店の看板が見えた時とか、ソロツーリングなら気の向くままにちょっと寄ってみる事だって自分次第でできます。

 

また景色を楽しみながらゆったり走ったり、峠道でちょっと攻めてみたりといった走りのスタイルも自由です。誰かに合わせる必要はまったくありません。

 

さらにどこへ行こうがいつ帰ろうかも自由ですし、時間があるのならどこかで適当に一泊しても問題はありません。マスツーではどれもできないことばかりです。

 

バイクって「自由」という言葉が非常に似合う乗り物だと思います。風になってどこへでも行ける…そんなバイク本来の楽しみ方ができるのがソロツーリングではないでしょうか。

 

ソロツーリングを楽しむための心構え

 

愛車との時間を楽しめ!

 

上述しましたがソロツーリングを楽しむためには人とのコミュニケーションより愛車との時間に重きを置くことが第一歩です。バイクと会話するかのように運転していきましょう。

 

なのでバイクを移動のための足とかコミュニケーションのための「ツール」としてしか考えていない人にとってはソロツーは楽しめないかもしれません。

 

ただそういった考え方の人はそもそも一人でツーリングに行こう!とは思わないので、ソロツーリングをしようか悩んでいるあなたはきっと楽しむことができると思います。

 

一期一会を大切にしよう

 

ソロツーリングの場合は人とのコミュニケーションがないと書きましたが、まったく0というわけではありません。行く先々で何かしらの出会いはあるものです。

 

特にバイクというのは趣味性の高い乗り物ですので、道の駅などで休憩していたりすると同じソロツーをしている人とかに結構な頻度で話しかけられることがあります。

 

今後も友人として関係が続くかもしれませんし、もう二度と会うことのない人かもしれません。どちらにせよそういった一期一会を大切にすることもソロツーを楽しむポイントです。

 

スポンサードリンク

 

用意した方がいいもの

 

ソロツーリングは誰にも縛られず自由に動くことができる反面、何かトラブルが起きたりした際は自分一人で解決をする必要があります

 

マスツーの場合は誰かが何とかしてくれるというスタンスでも問題ないのですが、ソロツーの場合はそれでは万一の事態に対処することができません。

 

最低限あった方がいいものを紹介しておきますので、ソロツーリングをしようと考えている人は参考にしてみてください。

 

またマスツー・ソロツー関わらずツーリングに出かける際に持っていた方がいいものは以下の記事で解説していますのでこちらも参考にしてください!

万全な準備を!ツーリングに必須の持ち物はこれだ!

 

身分証・保険証

 

身分証はバイクに乗る以上は免許証を持ちますので問題ないと思いますが、合わせて保険証も持っていくようにした方がいいと思います。

 

ツーリング先で何かしらの怪我をする可能性もありますし気分が悪くなったりして病院に行く可能性も0ではありません。そうなった際に保険証がないと困りますからね。

 

また有事の際にはどうしてもお金が必要になりますからある程度の現金も持ち合わせた方がいいでしょう。これら全て財布に入れておけばとりあえずは安心できます。

 

ロードサービス

 

ソロツーリングで一番困るのがバイクトラブルです。特に旧車に乗っている人や普段メンテをあまりしない人は最悪エンジンがかからなくなっても帰れるようにロードサービスに加入しておきましょう。

 

一般的に有名なのはJAFですが、最近は車やバイクの保険プランの中にオプションとしてロードサービスが組み込まれているものも多くあります。

 

家の近くとかでならバイクを押して帰ることもできますが、人の少ない山奥などで立ち往生してしまったらロードサービスがないととても大変ですし心細いと思います。

 

JAFなどのロードサービスは加入していなくても単発でレッカーなどのサービスを使うこともできますが割高になりますので、よくツーリングに出かけるなら会員になっておいた方が得でしょう。

 

地図・コンパス

 

最近はスマホのナビなどが高性能なので何か起きてもすべてスマホ一台で対処できることがほとんどです。ただしツーリングで山奥に出かける際は圏外になる危険もあります。

 

山奥や田舎で道に迷って、スマホは圏外でナビも使えない…この状況の場合、普段ナビで走ることに慣れた人だと勘で走るのは非常に苦労するのではないかと思います。

 

こういった緊急時にアナログですが地図とコンパスがあると脱出できる可能性が高まります。それぞれそんなに高価なものでもないので持っていった方が無難です。

 

山奥とか携帯の電波が入らないような地域に行こうと考えている人は道に迷わないよう準備を怠らないようにしましょう。

 

さいごに

 

最初は一人でツーリングに出かけるのは気が引けるかもしれませんが、ソロツーに慣れると気楽さに慣れてむしろマスツーの方が面倒になることもあります。

 

もちろんソロでもマスでもそれぞれの楽しみ方がありますのでどっちがいいといった話ではありませんが、ツーリングは一人でも十分に楽しむことが可能です。

 

周りにバイク乗りがいない人や自由気ままに出かけるのが好きな人はこの記事を参考にしてぜひソロツーリングに挑戦してみてください!

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイク・車のABSって何だ?安心のブレーキシステムについて解説!

万全な準備を!ツーリングに必須の持ち物はこれだ!

バイクのハンドルの種類を解説!セパハン・バーハンの特徴やデメリット!

【注意】雨の日、バイクの運転で気を付けるポイント

バイクでイヤホンは違反?ライダーの素朴な疑問に回答!

冬眠前にやっておきたい冬のバイク長期保管の方法!