バイクの中古車選び!失敗しないためにチェックするポイント!

 

「バイクに乗りたいけど新車価格には手が出ない」とか「欲しいバイクが絶版で新車がない」といった人は中古車での購入を考える人が多いと思います。

 

中古車は安さが魅力ですが、同時にトラブルを抱えたバイクを気づかず買ってしまうというリスクも持っているので詳しくない人はハズレを引いてしまわないか怖いですよね。

 

今回は中古バイクの購入で失敗しないために、買う前にチェックしておきたいポイントを解説しますので参考にしてみてください!

 

スポンサードリンク

 

走行距離は大きな問題ではない

 

車でもバイクでも中古車を買う時、値段に大きく変化を与えるのは「走行距離」ですよね。なので買う際にもここを重要視する人は多いと思います。

 

走行距離はもちろん短い方がいいのですが、10000km以下とかだと価格がかなり高くなるので予算を超えることがほとんどでしょう。数字だけで言えば50000km前後が妥当なラインかなと個人的には思います。

 

ただ私は正直、走行距離に関してはそこまで重要視はしていません。大事なのは距離より「乗り方」だと考えているからですね。

 

走行距離が短くてもまったくメンテしなかったり雑な乗り方をすれば消耗しますし、逆に日頃からこまめにメンテして大切に乗れば10万kmでも元気に走ります。

 

以下に紹介するチェックポイントをクリアしていれば前オーナーに大切に乗られていた可能性が高くなるので10万km以下なら問題ないと言えるでしょう。

 

事故歴のないバイクを選ぼう

 

まず絶対に避けるべきは事故車です。事故歴があると一気に値段が下がるのが事故車のリスクの高さを証明しています。

 

事故車の場合は購入後にどこかにトラブルが出てくる可能性が高くなるので結局出費がかさんだり、最悪まっすぐ走ることすらできないといった事態にもなりかねません。

 

問題を抱えたバイクでは充実したバイクライフを送ることは困難なので、安物買いの銭失いを避けるために事故歴のあるバイクはやめておきましょう。

 

ただ事故歴がある場合に「事故歴あり」と正直に書いてくれるショップばかりではありません。中には事故歴を隠して売ろうとする悪質な業者もいたりしますので注意が必要です。

 

過去に事故を起こしたり修理した可能性をチェックする簡単なポイントを以下に紹介しますので、現車を見た際には試してくださいね。

 

ハンドル・フレームの歪みをチェック

 

派手にコケたり衝突したりしてフロント周りを損傷するとハンドルあたりのフレームが歪みます。ここが歪むとまっすぐ走れないので最重要チェックポイントです。

 

まずはハンドルを左右に限界まで切ってみて、スムーズに動くか確認しましょう。どっかで引っかかったり動きに違和感を感じるようであれば注意した方がいいかもしれません。

 

また最大までハンドルを切った際にタンクとの距離も見ておきましょう。左右でタンクとの距離に差がある場合は歪んでいる可能性が高くなっていきます。

 

部分的に新しいパーツがないかチェック

 

バイクを全体的に見て、ある一部分だけ明らかに真新しいパーツがついている場合も事故によってその箇所だけ交換した可能性が出てきます。

 

例えばフロントのライト周りだけピカピカだとか、足を置くステップ(しかも片方だけ)が新品だとかは怪しいですね。コケたり事故るとまずフロント周りやステップが損傷するのでよく見てみてください。

 

全体的にきれいな場合はよく手入れをしていたオーナーだということですし、全体的にボロい場合も自然な経年劣化です。一部分だけ極端に他と違う場合に注意しましょう。

 

スポンサードリンク

 

現車確認で見ておきたいポイント

 

最近は便利な世の中で、インターネットを使って全国の中古車を調べることが簡単にできるようになりました。探していたバイクも見つけやすくなって便利ですが、購入前は必ず現車を見るようにしましょう。

 

写真や紹介文だけではわからないことが多いですし、買ってから後悔しては遅いです。現車確認はバイクに詳しい人も初心者の人も必ずやってほしいポイントですね。

 

そして現車確認の際には以下の点についてよく見てみてください。

 

消耗品の状態

 

タイヤやブレーキパッドなどバイクにはたくさんの消耗品があり、乗っていればいつかは必ず交換しなければなりません。中古車を見る場合も消耗品の消耗具合は確認しておきましょう。

 

いくら車体価格が安くても、消耗品が全部ダメで買った後に交換となってしまえば結果的に金銭的負担が大きくなります。

 

ブレーキパッドはそこまで高くないので交換しても負担は少なく済みますがタイヤは新品にすると高いので財布が痛いです。できれば溝の残ったタイヤの中古車を選びたいですね。

 

タイヤの消耗具合については以下の記事で詳しく解説しているので、チェックの方法がよくわからないという人は参考にしてみてください!

バイクのタイヤ寿命はどれくらい?交換のサインを知っておこう!

 

錆がないか

 

古いバイクや雨ざらしで青空保管されていたバイクは鉄製パーツが錆びます。錆は一度発生するとどんどん広がりバイクの寿命を短くするので気を付けましょう。

 

ある程度の小さなサビなら落とすこともできるので問題ないのですが、激しく傷んでいる場合は要交換です。

 

錆びているのが交換できるパーツならいいですが、フレームなど交換のできないパーツが落とせないレベルで錆びている場合はフルレストアする覚悟がない限り避けた方が無難でしょう。

 

またフロントフォークのメッキ部分も錆びていると以下で紹介するオイル漏れの原因になるのでチェックしておくべき箇所です。

 

オイル漏れがないか

 

オイル漏れ自体はすぐに走行に支障をきたすような重要な問題ではありませんが、修理するのにやたらとお金のかかるトラブルです。

 

オイル漏れは大体、ゴム製でできたシールが経年劣化で硬化したりヒビが入ったりしてオイルを止めることができずに起こるのが原因ですが、このシールを交換するのが大変なんですよね。

 

エンジンオイルが漏れているならエンジンを降ろす必要があったり、フロントフォークのオイル漏れならフロント全バラコースです。シール自体は安いのですが工賃が高くなるわけです。

 

 

上記画像の赤丸部分のオイルシールに亀裂や劣化、オイルのにじみが見られたり、エンジン付近に油汚れのようなしめり気がある場合はオイルが漏れている可能性がありますので注意です。

 

過度なカスタム・改造車は避ける

 

バイクは車に比べるとカスタムされている車両が多い印象を受けますが、過度に改造されているバイクは初心者の人は避けた方がいいでしょう。

 

外装をカスタムしているくらいなら走行に問題はないのですが、スポーツタイプのバイクだと吸排気系に手を入れている可能性があります。

 

ここに改造を加えてしまうと吸排気のバランスが崩れてエンジンの調子が狂ったり、うまくチューニングできていてもパワーを上げることで各パーツの消耗が早くなります。

 

エンジンまわりのバランスは改造されていない純正の状態が一番いいはずですので、手を加えられていないバイクを選ぶようにしましょう。

 

改造されている車両は純正に比べて価格も落とされていることが多いので、安さにつられて買ってしまわないように注意ですね。

 

良心的なショップを選ぼう

 

中古バイクを買う際に失敗しないためには、車両そのものを選ぶ目も大切ですが買うショップ選びも重要なポイントになります。

 

買った後のオイル交換を無料でやってくれたり、車検や点検などのアフターフォローまで面倒見てくれるような良心的なショップを選べるといいですね。

 

またショップによっては上述した消耗品の交換なども車体の購入を条件に格安でやってくれたり、おまけでつけてくれたりなんてこともあります。

 

ここは交渉次第なところもありますが、そういった余地のあるいいショップを選びたいものですね。

 

インターネットでショップを検索したりすると口コミや評判など情報はすぐに手に入る時代です。間違った情報もあるので鵜呑みにしてはいけませんが参考にはなるでしょうから調べることをおすすめします。

 

さいごに

 

ボリュームが多くなってしまいましたが、最低限この記事で紹介したことに気を付ければ中古バイクの購入で失敗するリスクは下げることができると思います。

 

安いからといって食いつくと取り返しのつかないトラブル車を引き当てる可能性もありますし、だったらもう少しお金を出してまともなバイクを買えばよかったと後悔するかもしれません。

 

買ってから後悔しても遅いですから、ぜひ今回の記事を参考にして失敗しない中古バイク選びをしてくださいね!

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

通勤・通学用バイクを選ぶ際に知っておきたいポイント!

中型バイクに乗ろう!免許の取得費用を安く済ませる方法!

バイク・車のABSって何だ?安心のブレーキシステムについて解説!

バイクのハンドルの種類を解説!セパハン・バーハンの特徴やデメリット!

入れ間違えたら壊れる!?ハイオクとレギュラーの違いを解説!

【注意】雨の日、バイクの運転で気を付けるポイント