【注意】雨の日、バイクの運転で気を付けるポイント

 

通勤・通学などで普段の足としてバイクを使っている人は雨の日でも乗らざるを得ない日があると思います。

 

雨の日にバイクに乗る=危ないというのはバイク乗りじゃない人でもイメージしやすいと思いますが、雨の日に気を付けるべきポイントをまとめましたので参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

雨は降り始めが一番危険

 

雨というと道路がビショビショに濡れていて水たまりなどもできているような光景をイメージしますよね。そしてそういった道路状況が一番危ないと思われます。

 

しかし実際は雨というのは降り始めが一番滑りやすく、バイクにとっては危険です。

 

ホコリが浮いている

 

降り始めが一番危ない理由の一つが「道路のホコリ」です。雨によって道路のホコリが浮いてしまい、タイヤとアスファルトの間に層ができます。

 

そうするとタイヤのグリップ感が失われやすい環境になるので、ふとした時にスリップしやすくなってしまうのです。

 

ハイドロプレーニング現象と同じことがホコリでも起きるわけですね。(ハイドロプレーニング減少に関しては後述します。)

 

ハイドロプレーニングの方は教習所などでも習うので気を付ける人が多いのですが、ホコリの方も同じくらい危険だということを知っておきましょう。

 

急いでいる人が多い

 

雨の降り始めというのは、傘を持っていなかったりして早く帰ろうとしている歩行者が多いです。

 

歩行者だけでなく、バイクに乗っている人も雨がひどくなる前に帰ろうと急ぎます。自分が気を付けていても周りが注意力を失いやすいので事故のリスクが上がってしまうんですね。

 

こういった面でも雨の降り始めというのは危険が潜んでいますので、周りが急いでいても自分はよく周りを見て運転するようにしましょう。

 

雨の中を走る際に気を付ける場面

 

実際に雨が本降りになった際に気を付けるポイントをまとめます。

 

特にバイクが気を付けなければならないのはやはりスリップの危険です。どういった状況でスリップしやすいのかをしっかり把握しておきましょう。

 

マンホールに注意

 

これは誰でもイメージしやすいですね。鉄製のマンホールは雨が降っていなくても滑りやすい環境です。

 

雨で濡れてしまうとかなり滑りやすいので最も気を付けるべきポイントです。特に曲がる際のマンホールには注意するようにしましょう。

 

ただし、マンホールが視界に入ったからといってブレーキをかけるのは逆に危険です。

 

 

滑りやすい環境ではブレーキがロックしやすいので、マンホールをよけることができなければそのままの状態で通行した方がむしろ安全なんですね。

 

白線に注意

 

マンホールほどではありませんが、道路に進路などが書いてある白線も雨の日は滑りやすいです。

 

この白線の場合はマンホールより通過するのに時間がかかるので気を付けましょう。

 

特に白線は交差点の近くに多くあります。信号が変わりそうだからと加速したけど間に合いそうになく急ブレーキ!なんて場面があると思いますが、そこに雨に濡れた白線があると危険です。

 

雨の日はスピードを出さないことはもちろん、信号を無理に渡ろうとすることなく余裕を持って運転しましょう。

 

轍の水たまりに注意

 

交通量が多い道路だったりしばらく改修されていない道路の場合、轍(わだち)ができていることがあります。

 

雨が降るとそこに水たまりができるわけですね。水たまりの上を走行すると上記しましたハイドロプレーニング現象が起きやすくなります。

 

ハイドロプレーニング現象とは、地面とタイヤの間に水の層ができてしまうことでタイヤが浮いてしまう現象をいいます。

 

この現象が起きるとまったくコントロールが効かなくなりますので、バイクの場合は転倒のリスクも高くかなり危険です。

 

雨の日はなるべく轍を避けて、水たまりに突入するリスクを少しでも減らしましょう。

 

スポンサードリンク

 

雨の日、安全に運転する工夫

 

雨の日でも安全に運転するためには、いくつか工夫できる点があります。

 

そうした細かいテクニックや工夫の積み重ねが結果的に雨の日の事故を減らす結果につながりますので、取り入れてみてください。

 

ヘルメットを変える

 

雨が降っている中を走ると視界の悪さに気づくと思います。そしてキャップタイプなど風防のないヘルメットを利用している人は雨が目に入りさらに危険です。

 

少しの雨でもバイクの速度では顔に雨が打ち付けられます。歩いている時などとはまったく環境が違うので注意が必要です。

 

できればバイクのヘルメットはジェットタイプやフルフェイスなどの風防がついたものにしましょう。

 

道路の中心を走る

 

バイクの運転に関する言葉の一つに「キープレフト」というものがあります。これはバイクはなるべく道の左寄りを走りましょうというものですが、雨の日は逆効果です。

 

道路の端は轍や水たまりができやすいですし、車からの視認性も悪くなります。

 

むしろ道路の真ん中を走るようにして車からもよく見えるようにしたほうが賢明です。原付などスピードの出ないバイクでは難しいかもしれませんが、時と場合によって実践しましょう。

 

さいごに

 

雨の日に事故が起こりやすいというのはデータでもしっかり出ています。頭では雨が危険だと分かっているのに事故が減らないということは、思っている以上に運転が難しいということなんですね。

 

特にバイクは雨の影響を直に受ける分、車より注意が必要です。今回紹介した内容を参考にして安全運転に努めてください。

 

スポンサードリンク

 

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中型バイクに乗ろう!免許の取得費用を安く済ませる方法!

バイクでイヤホンは違反?ライダーの素朴な疑問に回答!

どうしたらいい?バイクの車検が切れていた時の対策を解説!

万全な準備を!ツーリングに必須の持ち物はこれだ!

「バイク=危ない」は誤解?本当は安全な理由

バイクのハンドルの種類を解説!セパハン・バーハンの特徴やデメリット!