目指せ違反ゼロ!覆面パトカーの見分け方を知っておこう!

 

バイクに乗るのは風を感じることができて本当に気持ちがいいものです。ですがついついスピードを出し過ぎてしまうなんてこともよくあります。

 

そんな時に後ろからサイレンの音が…なんて想像しただけで恐ろしいですね。バイクは車と比べてスピード違反などの標的にされやすい気がします。

 

一見普通の乗用車に見える覆面パトカーも街や高速には意外と潜んでいますのでパトカーが見当たらない時でも怪しい車両があったら油断は禁物です。

 

今回は基本的な覆面パトカーの特徴や見分け方を紹介していきますので過去に覆面につかまって悔しい思いをした人やゴールド免許を目指す人は参考にしてください!

 

スポンサードリンク

 

覆面パトカーの車種

 

まず覆面パトカーは交通違反をした車、主にスピード違反をした車を追いかけるので性能のいい車が選ばれます。遅い車では逃げられた時に追いつけませんからね。

 

ですから軽自動車とかコンパクトカーが覆面パトカーに採用される可能性は0ではありませんが低いと言えるでしょう。

 

ただ性能がいいといっても2シーターのスポーツカーでは捕まえた人を車内に乗せることができないので、基本的に2シーターも少ないです。

 

そういったことを考えると4人乗りのセダンでスポーツタイプのものが選ばれますね。クラウンとかフーガなどの国産セダンが覆面パトカーには多いです。

 

車種だけで覆面かどうか判断することはできませんが、傾向として国産セダンが多いということは知っておいて損はないでしょう。

 

覆面パトカーの特徴(見た目)

 

色が質素

 

覆面パトカーは質素な色を採用していることが多いです。黒とかグレー、ホワイトなどですね。目立ってしまうと覆面の意味がありませんから基本地味です。

 

ホワイトはまだしも黒やグレーは夜間になるとよく見えないですから夜走る時は怪しい車を見つけたら昼間以上に注意をする必要があります。

 

ナンバーが管轄地域

 

基本的にパトカーは所属している署が管轄しているエリア外で取り締まり行為を行うことはありません。なのでナンバーはよく見ておきましょう。

 

東京の渋谷区で高速を走っている時に怪しい車を見つけても、ナンバーが都外だった場合は覆面の可能性は限りなく低くなります。

 

ナンバーの地域を確認するくらいなら難しいことではありませんし、夜間でもナンバー灯により照らされてますから見えないということはないでしょう。

 

覆面を見破るコツとしてナンバーのチェックは欠かせないのでぜひ覚えておいてください。

 

洗車が行き届いている

 

仕事で使う車というのは定期的に洗車がされています。タクシーとか普通のパトカーも基本ピカピカですよね。

 

覆面で使われる車両も洗車がこまめに行われていますのでキレイな車が多いです。ですから逆にいうと汚い車は覆面である可能性が低くなるということになります。

 

怪しい車が走っていたけどだいぶ汚れていたり凹んでいたりした場合は覆面だと決めるのは早とちりかもしれません。

 

2人で乗っている

 

覆面パトカーは必ず二人組で車に乗っています。一人では何か危険があった時に対応できないですし、そもそも運転しながら違反を見つけることも難しいですからね。

 

ですから怪しい車を追い越す時にさりげなく車内を確認して何人乗っているのかを確認しておきましょう。

 

もし一人で運転している様なら覆面の可能性は限りなく低くなりますので、そのまま抜かして走り去ってしまって大丈夫です。

 

エンブレムがない

 

車に詳しい人しか見分けるのは難しいかもしれませんが、覆面パトカーに使われる車両は後部のグレードエンブレムが外されていることが多いようです。

 

クラウンであれば「CROWN」のエンブレムはあってもグレードを表す「Athlete」や「Royal Saloon」といったようなエンブレムはないといった感じです。

 

なぜ外すのか正確な理由は不明ですが、カスタムでこのエンブレムを外すという人はあまりいないのでもしエンブレムのない怪しい車を見たら注意しましょう。

 

スポンサードリンク

 

動きで見破る

 

左車線を走っている

 

主に高速道路になりますが覆面パトカーは対象を見つけるまでは左車線を流しています。違反者を見つけたら車線を変えて追ってくるといった感じになります。

 

ですから追い越し車線を飛ばしているセダンがいたらそれは覆面である可能性は低いです。左車線にいた場合だけ注意するようにしましょう。

 

法定速度を守っている

 

当たり前ですが覆面パトカーは警察ですので法定速度を超えたスピードでは運転していません。自分自身がスピード違反していたら話になりませんからね。

 

法定速度以上を出して違反者を追いかける時はサイレンを鳴らす必要があります。つまりサイレンが鳴っていないのにスピードを出している車は覆面ではありません

 

高速などで巡航している時に法定速度を守ると不自然なスピードになりますので、もしやたらゆっくり流している車を見かけたら怪しむようにしましょう。

 

さいごに

 

「これを満たしていたら覆面確定!」といった明確な見分け方というのは存在しませんし、上記に当てはまらない例外もあり得ますが今回の内容を知っているだけでだいぶリスクは減らせると思います。

 

バイクはスピードが出やすいですしパトカーに目を付けられやすい乗り物なので気を付けないとすぐに捕まってしまいます。

 

せっかく気持ちよくバイクで走っていても違反切符を切られてしまえば違反金も払わなければなりませんし、その日は一日ブルーな気分になってしまうでしょう。

 

もちろん法定速度を守って安全運転に努めるのが一番ではありますが、あくまでも予備知識として覆面パトカーの見分け方は知っておいてください!

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

排気量別!バイクの税金、種類や金額を知っておこう!

バイクのすり抜けは違反?ライダーの素朴な疑問を解説!

ソロツーリングの楽しみ方!バイク一人旅でも寂しくない!

通勤・通学用バイクを選ぶ際に知っておきたいポイント!

バイク免許の種類と取れる年齢を知ろう!

「バイク=危ない」は誤解?本当は安全な理由