初心者が知っておきたいヘルメットの種類とおすすめ

 

バイクに乗るのなら必ず着用するのがヘルメットです。個性が出るポイントでもありますので適当には決めたくないですよね。

 

ヘルメットには形状や機能によっていくつかの種類があります。それぞれメリット・デメリットがありますので今回はそれを初心者にもわかりやすく解説します。

 

スポンサードリンク

 

フルフェイスヘルメット

 

目元以外を完全に覆っているタイプのヘルメットになります。密着性が高く、被ると安心感があります。

 

しかし鼻や口まで覆われているので。少し閉塞感を感じてしまう点は否めません。

 

安全性が高い

 

バイク倶楽部としても一番おすすめしたいヘルメットがこのフルフェイスヘルメットになります。ほかのどのヘルメットと比べても安全性は段違いに高いです。

 

バイクで事故を起こしたり転倒する場合はスピードが出ていることが多いので、地面を滑っていくことになります。

 

そういった時に肌が露出しているとアスファルトに擦られてしまい、怪我が大きくなってしまうのですね。フルフェイスヘルメットであれば顔全体を保護できることになりますので、そういった危険を回避することができます。

 

特に運転に慣れていなかったり、こだわりがなければヘルメットはフルフェイスタイプのものにしておくようにしましょう。

 

声が通らない

 

デメリットとしてはフルフェイスは口元まで完全に隠れる形になりますので、声が通りにくくなる点が挙げられます。

 

例えばツーリングなどで仲間と会話する際、ヘルメットをかぶったままだと会話が難しいです。特にバイクのエンジンがかかった状態ではほとんど相手に声が届かないでしょう。

 

ちょっと路肩に停めて目的地を確認し合ったりするときなんかはいちいちヘルメットを脱がなければならないので面倒かもしれません。

 

値段が高い

 

安全には代えられないかもしれませんが、フルフェイスヘルメットは全体的に価格が高めに設定されています。アライSHOEIなど有名メーカーのものになりますと5万を超えるようなものまであります。

 

その分いい素材を使っているということですし、開発に関して安全性のテストなどを行っているということになりますので、金銭的に余裕のある人は検討してみてください。

 

ジェットヘルメット

 

頭部を保護し、顔面部分が露出したタイプのヘルメットになります。シールド(風よけ)をおろせば口元までは保護できます。

 

安全性と利便性のバランスが〇

 

ジェットタイプはフルフェイスほど安全性は高くないにしても、シールドを上げれば解放感があり風を感じることができるなどの利便性があります。

 

上記でフルフェイスのデメリットとして挙げた会話が難しいという点においても、ジェットヘルメットは口元が露出しているので問題ないでしょう。

 

顎を保護できない

 

ジェットタイプのヘルメットにおける安全性のデメリットは、顎が保護できないという点です。実は転倒した際に顎というのは地面に打ち付けられやすい箇所になります。

 

またスピードが出ていると引きずられていきますので、顎が擦れてなくなったなんて話も聞きます。怖いですね…

 

ちょっと近場に出かけるだけとか、スピードを出さない環境の時はジェットヘルメットでもいいかもしれませんが、遠くへツーリングに出かけたり高速に乗ったりする場合はやはりフルフェイスを選択しましょう。

 

スポンサードリンク

 

システムヘルメット

 

最近出てきた、フルフェイスとジェットを混ぜたようなヘルメットになります。両方のいいとこ取りになっていますので、コスト面で問題ない方にはおすすめです。

 

安全性と快適性を両立

 

システムヘルメットは一見するとフルフェイスヘルメットに見えるのですが、顎の部分を持って上に挙げるとジェットヘルメットのように顔面が露出される作りになっています。

 

もちろん顎の部分はそのままでシールド部分だけを上にあげることも可能です。状況に応じていろいろな動きができるので非常に便利なヘルメットだと言えるでしょう。

 

走るときは顎まで保護してフルフェイス同様の安全性を確保し、仲間と会話する時や少し風を感じたい時はジェットのように顔を出すといった使い方になります。

 

重いので疲れる

 

システムヘルメットは可動部が多く、機構も複雑なので他のタイプのヘルメットに比べて重いです。長時間かぶった状態で走り続けると肩や首が疲れてくるでしょう。

 

特にスポーツタイプのバイクに乗っている人は前傾姿勢になりますので余計に首に負荷がかかります。長時間のライディングにはあまりおすすめできないので気を付けてください。

 

値段が高い

 

最近はだいぶコストも下がってきましたが、基本的にシステムヘルメットは値段が高いです。フルフェイス以上の価格設定になっているものもたくさんありますので、金銭的に余裕がないと厳しいかもしれません。

 

複雑なつくりをしている分、安物に手を出してしまうと動きが悪かったりすぐに壊れたり…安物買いの銭失いになりやすいので、システムヘルメットを買うのであれば金銭面で妥協はしないようにしましょう。

 

オフロードヘルメット

 

その名の通り、オフロードバイクに乗っている人がよく着用しているヘルメットになります。基本的にはフルフェイスと同じですが、オフロードを走る際に役に立つ機能が追加されています。

 

安全性は高い

 

基本的なつくりはフルフェイスと同様なので安全性は高いです。しっかり顎まで保護してくれる構造なので安心感があります。

 

安全面ではフルフェイスでもオフロードでもどちらでも問題はないので、あとは好みで決めてしまっていいかもしれません。

 

ただしオフ車はやはりオフロードヘルメット以外は似合わないです。同様にオフ車以外にオフロードヘルメットは似合わないと思うので、自分が乗っているバイクに合わせましょう。

 

オフロードならではの機能がついている

 

このタイプのヘルメットにはバイザーがついています。日よけですね。道なき道を走るためのヘルメットですから視界が確保しやすいつくりになっているのです。

 

また、オフロードは道が悪いことが多いのでガタつきますし、動きも激しくなります。息切れしやすい環境になることを考えて口元は呼吸がしやすいようになっています。

 

キャップヘルメット

 

いわゆる「半ヘル」というやつですね。ヤンキーがよく使用しているタイプのヘルメットになります。

 

言うまでもないですが安全性は確保できないので使用はおすすめしません。使う場合は常にリスクを背負うことを自覚してください。

 

値段が安い

 

半ヘルはとにかく値段が安いです。1000円くらいから販売されているものもたくさんあります。そういった手軽さが金銭的に余裕がない若者に好まれるのでしょう。

 

もし買うのであれば緊急用としてバイクに装備しておいたり、ちょっとコンビニまで買い物に行くなどの用途に使うのがいいと思います。

 

さいごに

 

いかがでしょうか。一口にヘルメットといってもいろいろな種類がありますので悩んでしまいますよね。

 

一番のおすすめはやはり安全性を考えてフルフェイスヘルメットになりますが、紹介したヘルメットすべて違反ではありませんので最終的には好みになっていきます。

 

どちらにせよヘルメットはバイクに乗るのであれば必ず必要になるものですし、長く使うものになりますので今回の記事を参考に自分に合ったヘルメットを選んでみてください。

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メガネをかけている人必見!おすすめフルフェイスヘルメットはこれだ!