自分でできる!原付ナンバーの取得方法を解説

 

原付はお店で買う以外にも友人から譲り受けたり個人売買で手に入れたりといった機会が多いと思います。

 

バイクショップなどで原付を購入した場合はナンバーの取得までお店がやってくれるので気にすることはないかもしれませんが、個人経由で手に入れた場合は自分でナンバーを取得する必要があります

 

今回は自分で原付のナンバーを取得する際の手続きの流れを解説していきますので参考にしてください。やってみると意外と簡単ですよ。

 

スポンサードリンク

 

原付に乗り出すまでの流れ

  • 原付の車体を入手する
  • ナンバー取得手続きを行いナンバーを取得する
  • 自賠責・任意保険に加入する

 

原付はこの3つの工程を完了することで晴れて公道が走れるようになります。あ、もちろん免許を持っていることが前提ですよ!

 

ちなみに原付というのは車や一般的なバイク(250CC以上)と違って名義変更というのができません。すでに別の名義で登録されている原付の場合は前所有者に廃車手続きを行っていただく必要があるので気を付けてください。

 

 

原付のナンバーは市役所で発行される

原付 ナンバー

 

車や一般的なバイクは管理が陸運局になりますが、原付および原付2種(~125CC)だけはナンバーの登録や管理を住民票を登録している地域の市役所で行っています。

 

初めて原付のナンバーを取得しようとした際は間違えて陸運局へ行ってしまう人が多いので気を付けてくださいね。

 

ナンバーの取得は書類のやりとりだけで完結するので車体本体を持っていく必要はありません。気軽に行えますので気負わなくて大丈夫です。

 

用意するもの

ナンバー 発行

 

原付ナンバーはいくつか書類を市役所に持っていき、窓口に提出するだけで受け取ることができます。

 

忘れてしまうと手続きがスムーズにできなかったり取りに戻らなければならないケースも出てきて面倒なので、事前に何が必要か確認しておきましょう。

 

  • 軽自動車税申告書兼標識交付申請書(市役所にあります)
  • 販売証明書・譲渡証明書・廃車証明書のいずれか
  • 身分証明書(免許証)
  • 認印
  • 車体番号の石刷り(不要の場合が多い)

 

基本的にはこれだけあればナンバーを取得できます。お住まいの市役所によって必要ないものがあったり、別に必要なものがあったりといったケースもあるので不安な方はHPや問い合わせで確認してみてください。

 

軽自動車税申告書兼標識交付申請書

 

長ったらしくて何のこっちゃという感じですが、この書類は市役所に置いてありますので現場で記載して提出します。

 

また、最近ですとインターネット経由でダウンロードして事前に記載したものを持っていくことも可能なようです。手続きの時間を短縮できるので時間がない人は用意しておきましょう。

 

基本的に記載内容でつまづくことはないと思います。車体番号車種は次に解説する販売証明書などに書いてあると思いますので、それを写すだけで大丈夫です。

 

販売証明書・譲渡証明書・廃車証明書

 

お店で購入した場合は販売証明書譲渡証明書を発行してもらえます。個人売買や譲り受けた原付の場合は前所有者が廃車手続きを行った際に発行されている廃車証明書をもらいましょう。

 

これらの書類のどれかがないとナンバーを取得することができません。原付を購入する際はこういった書類がきちんとあるのか確認するようにしましょう。

 

ヤフオクなどを見てみると登録書類がない原付なども多数出品されているので注意が必要です。書類がないバイクは盗難車の可能性もあるので手を出さない方が身のためです。

 

身分証明書・認め印

 

これは大丈夫でしょう。原付に乗ろうとしているわけですから、身分証明書は運転免許証を持っていけばOKです。

 

印鑑は意外と忘れやすいので認め印をしっかり用意しておくようにしてください。

 

車体番号の石刷り

 

これは求められる市役所が少ないですが、もし必要な市役所だった場合は用意する必要があります。

 

石刷りというはフレームに刻印されている車体番号に紙を乗せ、鉛筆でこすって番号をうつしとることを言います。その車体番号のバイクがきちんと実在しているのか確認するための書類になるわけですね。

 

必要ないケースがほとんどですが、万が一必要だった場合は一度帰って用意しなければならないので用意するに越したことはないでしょう。心配であれば事前に確認するのが一番です。

 

スポンサードリンク

 

ナンバーを受け取る

バイク ナンバー

 

上記書類を持って担当窓口で手続きすればすぐにナンバーを受け取ることができます。時間はかからず、早ければ10分くらいで終わるでしょう。

 

バイク屋にナンバーの取得まで依頼すると手数料で5000円前後取られるのが相場ですから、自分で取得する方がはるかに安上がりです。手順さえ知っていれば全然難しくありません。

 

ちなみに最近では普通のナンバーと各市のご当地キャラクターが描かれた特別ナンバーを選ぶことができます。見た目的な違いしかありませんが、地元愛のある人は特別ナンバーでご当地キャラを宣伝しましょう(笑)

 

自賠責は忘れずに

 

ナンバーを取得したら車体に取り付け、すぐにでも走り出したいところですが最後に自賠責保険への加入が必須です。

 

未加入の場合は違反になりますし、万が一事故を起こした場合に補償が受けれなくなってしまいます。

 

最近はコンビニやネットでも加入することができるようになっていますので便利です。ライダーの義務として忘れずに加入するようにしてください。

 

自賠責って何?という人は以下に自賠責保険について詳しく解説しているのでバイクに乗る前に読んでしっかり内容を把握しておいてくださいね。
【初心者必見】自賠責や任意保険とは?バイク保険の基礎知識

 

古いバイクは高額査定で買い取ってもらう

 

今回原付を新しく入手する場合、人によっては今まで乗っていたバイクが不要になることもあると思います。もし乗らないなら売るのがいいですね。

 

ただ、友人やバイク屋などに適当に売ってしまうと安く買いたたかれて損をしてしまうので高額で買い取ってくれる買取業者を利用してお得に売りましょう!

 

高値で売れればそのお金でよりいい状態の原付を購入したり新しい原付のカスタムパーツを購入することができますからね。

 

バイクの売却というのは交渉のやり方や買取業者選びで大きく買取額が変わります。以下に査定額をアップさせるコツとおすすめの買取業者を紹介しているのでチェックしてください!
少しでも高く!バイクを高値で売るために知っておきたいコツ

 

さいごに

 

いかがでしょうか。ナンバーの取得に関しては手順を知らない人が多く、面倒で大変なイメージがあると思います。

 

しかしいざ自分でやってみるとびっくりするくらい簡単なので、バイク屋に頼む手数料を考えると節約のためにもおすすめできると思います。ぜひ挑戦してみてください。

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 この記事へのコメント

  1. TT より:

    はじめまして。

    すみません中古で原付を初めて買おうと思うのですが知識がありません。

    いろいろ調べたのですが、疑問があります。

    たとえばジモティーなどで隣町の人から原付を買った場合、ナンバーの登録などは隣町の市役所でもいいのか(そのまま乗って帰りたいので)?自分の住んでいるところだけなのか?

    中古のバイク販売店で買ったとしても、同じ町ではないと代えの登録をしてもらいにくいのか。

    とにかくそのまま乗って帰りたいという願いです。

    ご教授よろしくお願いいたします。

    • SHU より:

      TTさん

      コメントありがとうございます。
      原付のナンバーを管轄するのは陸運局ではなく市役所になります。

      現在中古車についているナンバーをそのまま使用したい場合は名義変更の手続きをすれば可能ですが、あくまで旧名義の人と新名義の人の住民票が同じ市役所に登録されている場合に限ります。

      なので隣町でも同じ管轄の市役所である場合は手続きだけ済ませればそのまま乗ることは可能でしょう。

      異なる市役所になる場合は現在登録している市役所で廃車手続きしてから新名義人の住む市役所で新規登録といった流れになります。

      その場合はもちろん管轄も変わるのでナンバーも新しいものとなります。

      バイク屋さんで購入する場合はナンバーの取得などの手続きまで違う町でもやってくれるとは思いますが手数料がかかると思います。

      正直原付の新規登録なら書類上の手続きだけでナンバーを発行できるので自分でやった方が割安です。

      バイクを購入した後、ナンバーを取るまではお店に保管しておいてもらうこともできると思います。

      必要な書類を揃えてナンバーを貰い、お店に持って行ってつけてもらえばそのまま乗って帰れるので手数料を考えたらそっちの方がいいでしょう。

      ※自賠責への加入は忘れないでください。

      以上参考にしていただければと思います。

  2. 金田竜二 より:

    初めてですので、念の為にお聞きしますが、免許を取ること前提に、原付きを買って家に置く(確保する)ことは可能ですか?
    可能であれば、確保したあとで、免許を取ったあとで、自賠責と任意保険に加入して役所でナンバー発行の手続きをこともできるかなと思ったもので!以下がでしょうか?

    • SHU より:

      コメントありがとうございます。
      免許がない場合はバイクを運転できないというだけで購入して手元に保管すること自体は問題ありません。
      バイクを入手してから免許を取得し自賠責+任意保険に加入、ナンバー発行という流れでも大丈夫です。

      ただバイク屋さんによっては免許のない人に売ってくれないケースもあり得るので、その辺は注意しましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中型バイクに乗ろう!免許の取得費用を安く済ませる方法!

通勤・通学用バイクを選ぶ際に知っておきたいポイント!

バイク・車のABSって何だ?安心のブレーキシステムについて解説!

バイク免許の種類と取れる年齢を知ろう!

バイクのハンドルの種類を解説!セパハン・バーハンの特徴やデメリット!

「バイク=危ない」は誤解?本当は安全な理由