本当に保険料が安くなる?ファミリーバイク特約はおすすめか解説!

 

通勤・通学など普段の生活の足として125cc以下のバイクに乗っているという人はたくさんいると思いますが、乗る頻度が高いからこそ万一に備えて任意保険には加入するべきです。

 

でも保険料はできれば安く済ませたいと思うのが正直なところ。バイク保険の種類や見直しについて詳しく知りたいという人は多いのではないでしょうか。

 

そして125cc以下のバイク保険に関してはよく「ファミリーバイク特約」が安くておすすめだと言われますよね。バイクに乗る人なら聞いたことがあると思います。

 

ただこのファミリーバイク特約、誰でも必ず無条件に安くなるというわけではありません。しっかり自分の環境を考えないと逆に高くつく可能性もあります。

 

今回はそんなファミリーバイク特約について、任意保険と比べて本当に安くなるのか、補償内容はどんな感じになるのかを解説していきますので参考にしてください!

 

バイク保険

 

ファミリーバイク特約とは

 

まずはファミリーバイク特約について簡単に整理しておきましょう。これは一言でいえば「自動車保険につけられるオプション」のようなものです。

 

なので大前提として自動車保険に加入していることが条件となります。車を持っている人が自分含めて家族にいない場合は使いたくても使えない特約となるわけですね。

 

また条件として125cc以下のバイクに限ります。250cc以上の排気量のバイクには使えませんので気を付けましょう。

 

「車を持っていて普段の足として原付も所有している」とか「自分はバイクしかないけど親は車を持っている」といったような人がファミリーバイク特約を使うことができます。

 

保険料については一般的なバイクの任意保険は高いと年間10万円近くいくこともありますが、ファミリーバイク特約なら年間2万~3万に抑えることも可能です。安い!

 

ファミリーバイク特約の種類

 

自損事故タイプ

 

ファミリーバイク特約は大きく分けると2種類となり、その1つめが「自損事故タイプ」となります。

 

これは自分にかかった費用に関して、加入している保険からは一定額の保険金しか出ず、場合によっては足りなかった分は自腹になるといった契約タイプとなります。

 

例えば過失割合が相手80、自分20だった場合で自分の怪我の治療費に100万かかったケースを考えてみましょう。

 

この場合相手の保険会社からは8割の過失ということで80万円まで出ますので残り20万を自分の保険会社から出してもらうことになります。

 

ただ自損タイプの場合は一定額しか出ないため、仮に上限が10万だとしたら残り10万は自腹になる可能性があるということです。

 

実際は8:2だったら全額出ると思いますが、これが仮に自分10割過失だったり9:1だったりすると満額はほぼ出ないと考えられるでしょう。

 

そのかわり年間の保険料は安く、なんと8000円~10000円程度で加入することができます。任意保険などと比べると圧倒的な安さですね。

 

人身傷害補償タイプ

 

それに対してもう一つのプランが「人身傷害補償タイプ」です。こちらは過失割合に関わらず、適用すれば自分の保険から満額の治療費が支給されますので安心です。

 

こちらが過失10割で相手の保険から治療費が出なかった場合でも自分の保険で補償を受けられますから補償内容としてはこちらのタイプの方が断然いいですね。

 

ただし人身傷害タイプは年間の保険料が自損事故タイプに比べて年間2万前後高くなるケースがほとんどです。

 

けがをした際に自腹を切るリスクを許容して自損タイプで安く済ませるか、安心の人身傷害タイプにするかはそれぞれの考え方、価値観で決めましょう。

 

バイク保険

 

ファミリーバイク特約の補償内容

 

項目 金額
対人 無制限
対物 無制限
自損事故 1500万円 
人身傷害 1000万円

 

ファミリーバイク特約の補償内容に関しては基本的に任意保険で受けられるものと大きな差はありませんので、安いからといって十分な補償を得られないというわけではないようです。

 

ただ上記の金額や補償内容はあくまで一般的な相場に準ずるものなので、詳細については自分が加入している自動車保険の内容を確認してみてください。

 

ファミリーバイク特約のメリット・デメリット

 

メリット

  • 保険料が圧倒的に安い
  • 複数台のバイクを持っていても適用可
  • バイク事故では等級が下がらない

 

メリットとしては保険料が安いということ以外にも持っているバイク全てに適用できるということも魅力です。お父さんの自動車保険でファミリーバイク特約を付ければ家族のバイク全てに保険が効きます。

 

これはバイクに保険をかけるわけではなく、本人や家族などの「人」に保険をかけるためですね。つまり人から借りたバイクで事故を起こした場合でも保険を使うことができるのです。

 

逆に言うと自分のバイクを友達に貸したりして、その友達が事故を起こした場合は補償が出ません。

 

デメリット

  • 車がないと使えない
  • 125cc以下のバイクしか使えない
  • 等級がないため無事故でも保険料は変わらない

 

ファミリーバイク特約の一番のデメリットは「等級が変わらない」という点でしょう。長い期間無事故でも保険料が変わることはありません。

 

長期間バイクに乗ることを考えると等級によって保険料が下がっていく任意保険の方が結果的に安くなる可能性もあります。

 

任意保険の方がお得な場合もある

 

上記のメリット・デメリットを踏まえると誰でもファミリーバイク特約を使えば無条件に保険料を安くできるというわけでもないことがわかります。

 

車がない人はもちろん趣味として長くバイクに乗る予定の人は等級が上がっていくことを考えると任意保険の方がお得になっていくケースが多いです。

 

逆にファミリーバイク特約を使った方がいい人というのは任意保険料が高い未成年とか、大学通学の4年間しかバイクに乗らないといったケースですね。

 

自分のバイクライフと照らし合わせてファミリーバイク特約を使うべきかどうか考えてみてください!

 

また任意保険に加入する場合は保険会社選びが重要になります。どこの会社を選ぶかで年間の保険料は大きく変わりますからね。

 

以下のサイトでバイク保険の見積もりを複数社一括で取ることができるので、任意保険を検討している人はぜひ試してみてください!

バイク保険の一括見積を取る!

 

 

バイク保険
バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知ってるとこんなに違う!バイクの車検費用を安く済ませるコツ!

バイクのユーザー車検はお得!?費用とメリット・デメリットを解説!

【初心者必見】自賠責や任意保険とは?バイク保険の基礎知識

こんなに違うの!?知って得する安いバイク保険の選び方!

バイクの保険選び!一括見積もりでお得に便利に保険を決めよう!