バイク洗車の基礎知識!水を使うか使わないかどっちがいいのか解説!

 

愛車をいつもきれいに維持するためにバイク洗車をしようと考える人は多いと思います。ただ洗車に対する知識をしっかり持っている人って意外と少ないんですよね。

 

細かい洗車方法やコツなどはいくつかありますが、まず洗車に水を使うか使わないかという点で悩む人も多くいると思います。

 

水を使った場合と水を使わない場合、どちらがいいのかそれぞれのメリットやポイントを解説しますので参考にされてください!

 

スポンサードリンク

 

洗車に水を使うか使わないか

 

水を使うメリット

 

水を使うことによるメリットは何よりガッツリ手の届かないような細かい部分まで洗えることですよね。雨の日や整備されていないような道を走ると泥などが隙間に入り込んで汚くなります。

 

水を使って思いっきり洗うことができればこうした手ごわい汚れにも対処することができますので多くの場合はこの水を使った洗車がおすすめです。

 

ただマンションに住んでいて駐輪場に水道がない場合などは水を運ぶこと自体が一苦労なので、そうした環境に住んでいる人にとってはなかなか重い腰が上がらないかもしれません。

 

そういった観点から水洗いは洗車にしっかり時間の取れる人、雨の日やオフロードなども乗る人が適している洗車方法だと言えます。

 

水を使わないメリット

 

水を使わない洗車のメリットはとにかく時間がかからず終わるという点です。ちょっとツーリングに出かける前や気が向いた時にサッと終わらせることができます。

 

ただ水を使う場合とは異なり、細かい部分までは洗うことができないので汚れが堆積する前にこまめに洗車ができる人向けの方法ですね。

 

また雨の日は乗らないとかツーリングなどで整備されている道しか走らないという人ならそこまでバイクが汚れることもないので水を使わずに洗車でも充分です。

 

さらに水を使えば少なからず鉄製パーツが錆びたり劣化が進むので、バイクを少しでも長く大切に維持したい人は水を使わないという人も多いですね。

 

水を使う洗車のポイント

 

水を使う洗車はしっかりと汚れを落とすことができますし、なにより洗車した達成感も大きいので多くの人が実践する方法だと思いますし私もこちらの方法をおすすめしています。

 

ただ水を使う場合は以下のポイントをしっかり押さえないと汚れが落ちなかったりバイクの寿命を逆に縮めたりしますので気を付けましょう。

 

水圧を使いこなそう

 

水洗いをする際は水圧をうまく味方につけて洗車しましょう。手が届く部分はしつこい汚れでもなんとかなるものですが、指すら入らない隙間はなかなか強敵です。

 

そういった細かい汚れは強めの水圧で一気に吹っ飛ばすことできれいにできますので細かい部分の汚れが気になる人は実践してみてください。

 

以下のようなホースの先端につける水圧を変えられるヘッドを使えば用途に応じて洗車をしていくことが可能になりますので持っていて損はありません。

 

 

お湯を使おう

 

チェーン周りなどオイルやグリスがついているパーツ付近は泥と絡むとなかなか落ちない汚れになります。いわゆる油汚れと同じ状況ですね。

 

油汚れに関しては水で洗うよりお湯で流した方が落ちやすくなりますので、用意できる人はぜひ使ってみてください。

 

もし金銭的に余裕があればスチームクリーナーなどを購入するのもいいと思います。バイク以外にも油汚れがしつこいキッチン周りや車の洗車などにも使えますしね。

 

しつこい汚れに関しては高温の蒸気で攻めるスチームクリーナーはかなり有効です!

 

 

水をしっかりとふき取ろう

 

水を使ってバイクを洗車した際にやりがちなミスがしっかりと拭き取らずに自然乾燥任せにしてしまうことです。樹脂などのパーツは問題ありませんが、鉄製パーツは水をしっかり拭き取らないと錆びます

 

一度錆びるとどんどん進行してバイクの寿命を縮めていってしまうので、洗車が終わったら乾いた布などでしっかりと拭き取るようにしましょう。

 

バイクを揺らして大方の水分を落とし、残った水滴を布で吸っていくやり方がおすすめです。布が入らないような細かいところはエアスプレーとかを使うと水を追い出すことができます。

 

パソコンのキーボードの間を掃除したりするやつですね。

 

チェーンや稼働部に注油を!

 

これも忘れがちですが洗剤やパーツクリーナーを使って汚れを落とすと、本来必要な油分やグリスまで洗い流してしまいます。

 

ここを見落としてバイクを走らせてしまうとパーツの摩擦が大きくなり消耗を早めます。特にチェーンやホイールの回転部分などよく動く箇所はしっかりと注油しましょう。

 

注油も含めたチェーンメンテナンスに関しては以下の記事でも詳しく解説しているので参考にしてみてください。

バイクのチェーンメンテナンス!必要性と手順のコツを解説!

 

スポンサードリンク

 

水を使わない洗車のコツ

 

こまめに洗車しよう

 

水を使えない環境の方やあえて使いたくない人はとにかく洗車の頻度を増やすようにしてください。

 

いくら雨の日は乗らないようにしていたり気を使っていてもバイクは外を走る以上、だんだんと汚れが溜まっていきます。これは防ぐことができません。

 

洗車をサボって汚れが堆積していくとちょっと拭いたくらいでは落ちないような頑固な汚れとなってしまい、水洗いが必要となってしまうでしょう。

 

汚れが溜まって落ちにくくなる前に洗車していくことが水を使わない場合は大切になりますので、洗車の頻度を意識するようにしてくださいね。

 

水拭きとから拭きを使いこなそう

 

ガソリンスタンドの店員が車の窓を拭くように水拭きとから拭きを交互に行うことできれいに汚れをふき取ることができます。

 

濡れた布で拭くだけでは汚れは落ちますが、そのあと水垢になってしまうので水気が乾燥するまえに乾いた布で拭きとります。これで軽い汚れなら綺麗になるでしょう。

 

どうしてもしつこい汚れに関してはバイクシャンプーや洗剤などを希釈した水を霧吹きで吹きかけ、布で拭きとると効果的です。

 

さいごに

 

バイクの洗車で水を使うかどうかは個人の考え方やバイクを置いている環境次第なのでどちらが正解といったことはありません。

 

ただ私は水が使える環境なら水を使ってしっかりと洗った方が達成感もありますし細かいところも綺麗にできていいと思います。

 

錆びないようにしっかり拭いたり注油を怠らなければバイクを痛めることもないですしね。

 

どちらを選んで洗車するにせよ、それぞれ注意するべきポイントやコツはありますのでぜひ今回の記事を参考にしてみてください!

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイクのオイル交換の適切な時期を知ろう!

【バイク】ブレーキパッドの種類と特徴!交換時期も知っておこう

バイクのチェーンメンテナンス!必要性と手順のコツを解説!

バイク名車再生!レストアのベース車を選ぶ際のチェックポイント

バイクの慣らし運転って必要?初心者が知っておきたい慣らしの知識

年季の入ってきた愛車に…バイクのサビ取り方法あれこれ