バイクのタイヤ寿命はどれくらい?交換のサインを知っておこう!

 

タイヤはバイクにとって重要なパーツになります。乗り心地にも大きく影響しますしスリップやロックなどの安全にも関わってきます。

 

もちろん消耗品ですので定期的な交換が必要なわけですが、どれくらい使ったら交換なのか、タイヤの寿命はどれくらいなのかという疑問は多くの人が持っているでしょう。

 

今回は一般的なタイヤの寿命と交換のサインに関して紹介していきますので、愛車のメンテナンスの一環として知っておいてください。

 

スポンサードリンク

 

タイヤを交換しないでいるとどうなる?

 

車検のある250CC以上のバイクに乗っている人はタイヤが寿命を迎えていれば車検工場の方で交換してくれますので、交換時期の過ぎたタイヤで走り続けるということはあまりないと思います。

 

車検のないバイクに乗っていて、メンテナンスに無頓着な人はタイヤを長期間交換していない人もいるでしょう。交換時期を過ぎたタイヤを使用し続けるのは以下のトラブルを起こしやすくなり危険ですので注意が必要です。

 

スリップしやすくなる

 

タイヤは常にアスファルトに触れているわけですから、走っている間摩擦が発生しています。タイヤはゴム製ですのでアスファルトと触れていればだんだん削れていくのは想像できるでしょう。

 

タイヤには溝がありアスファルトに食いつくことでグリップ力を高めていますが、摩耗によってこの溝がなくなってくるとグリップ力がなくなります。

 

するとスリップしやすい状態になり、非常に不安定になります。コーナリングなどでバイクを傾けた時などに転倒のリスクが高くなるので注意が必要です。

 

また雨が降った時なんかはさらにグリップ力が落ちるので、白線やマンホールなど悪条件が重なった時などは直線でもスリップしやすくなります。

 

ブレーキがロックしやすくなる

 

タイヤのグリップが落ちてくるとブレーキングにも影響が出てきます。ブレーキのロックというのは制動力がタイヤのグリップ力を超えた時に発生するので、溝のなくなったタイヤでは強くブレーキをかけることができません。

 

その結果として制動距離が長くなりますから、危険回避も難しくなります。急ブレーキではない普通のブレーキングでもロックすることもあるので非常に危険です。

 

乗り心地が悪くなる

 

長期間タイヤを交換していない場合、ゴムが硬化して弾力がなくなっていきます。その結果ロードノイズを拾いやすくなり乗り心地が悪くなるのです。

 

やけにガタつくようになってきたらサスペンションの劣化やトラブルを疑う人が多いのですが、タイヤが交換時期を過ぎていないかも同時に確認しましょう。

 

硬化の場合でも溝がなくなった際と同様グリップ力が落ちていますので、溝があるからと安心することなくタイヤの経年劣化も点検してください。

 

タイヤの寿命とは

 

一般的なタイヤの寿命は耐用年数走行距離を目安に算出することが多いです。

 

もちろんタイヤの種類によって差はありますのであくまでも目安になりますが、交換時期を知る方法として頭に入れておきましょう。

 

耐用年数は約3年

 

一般的なタイヤの耐用年数は3年ほどと言われています。あまり乗っていなくて溝がある場合でも3年近くなると表面が硬化してくるのです。

 

目視で溝がまだあるから大丈夫だと安心するのは非常に危険なので、何年使っているかは把握しておくようにしましょう。タイヤによっては表面に製造年が刻印されているものもあるので忘れることはないと思います。

 

もちろん3年というのは平均の話ですのでバイクの保管方法によってこの耐用年数は大きく変わります。日光に当たったり雨ざらしになる屋外保管の場合はガレージ保管の場合より耐用年数が短くなりますので気を付けましょう。

 

走行距離はタイヤの種類によって異なる

 

タイヤの寿命を推し量るもう一つの目安が走行距離になりますが、これは使用するタイヤの種類やバイクの乗るスタイルによって大きく変わってきますので自分の環境と照らし合わせてみてください。

 

  • ハイグリップタイヤの場合は2000km~3000km
  • 峠など過酷な走りをする場合は5000km前後
  • ツーリングなど直線が多い場合は10000km前後

 

あくまでも目安になりますがだいたい上記のタイミングで交換を検討すれば大丈夫でしょう。自分がどんなスタイルでバイクに乗っているかによって走行距離は判断します。

 

スポンサードリンク

 

タイヤ交換のサイン

 

耐用年数や走行距離以外にもタイヤ交換のサインはあります。ここで紹介するサインが出ている場合はもうタイヤの継続使用は厳しいですので即交換してください。

 

スリップサインが出ている

 

タイヤの交換時期を知る方法として一番基本となるのがスリップサインですね。どのくらい溝が削れたら交換なのかをメーカーがサインで知らせてくれます。

 

tiretenken1

画像引用:http://fujisawataiya.com/daily2.html

タイヤの側面に△マークがあり、その延長線上に溝の中に段差があります。これがスリップサインですね。

 

タイヤが摩耗してきてこの突起とタイヤの表面の高さが同じになったら(段差がなくなったら)交換のタイミングということになります。

 

ちなみにタイヤは駆動するリアタイヤの方が摩耗が早いので、確認する時はまずリアタイヤから見るようにしましょう。

 

タイヤがひび割れている・変形している

 

溝が十分に残っていても長期間の放置などによりタイヤの表面がひび割れているケースもあります。ひび割れが発生した場合はタイヤが硬化している証拠ですので要交換です。

 

あとはタイヤの一部が不自然に盛り上がっていたり形がいびつな場合も交換が必要です。変形などの異常は放置するとタイヤが破裂する危険もあるので気を付けましょう。

 

触った感触で弾力がない

 

正常なタイヤは触った際にほどよい弾力があります。自転車の空気が入っているかを確認する感じでタイヤを揉んでみてください。

 

もしそこで弾力がまったくなく硬い場合はタイヤの硬化が始まっている可能性があります。この場合は即交換しないと危険というわけではありませんが、そろそろ交換だという目安になりますので定期的にチェックしておきましょう。

 

さいごに

 

いかがでしょうか。タイヤというのはバイクの中でも交換する頻度の高いパーツになると思いますが、値段もそこそこしますし自分での交換は難しいのでなかなか換えない人も多いかもしれません。

 

しかし安全に直結する重要な部品になりますので、自分を守るためにも妥協せず適切なタイミングで交換したいものですね。

 

自分の愛車は大丈夫か、今一度この記事を参考にしてタイヤの状態をチェックしてみてください。

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【バイク】タイヤの皮むきって何だ!?必要性と方法を解説

バイクの乗り心地が変わる!タイヤの空気圧チェックの方法を解説!