立ちゴケしない!正しいバイクの取り回し方・コツ

 

免許を取って念願のバイクを新車で買った…バイク好きな人にとって一番うれしい瞬間でもありますが、同時に注意しなければならないのが「立ちゴケ」です。

 

ピカピカに磨き上げられた愛車もたった一度の立ちゴケで傷ものになってしまいます。

 

これがもし納車したその日に起きたら笑えませんよね…バイクを手に入れたウキウキを一瞬で消し去ってしまいます。

 

今回はそんな立ちゴケを防ぐ、正しいバイクの取り回し・コツを紹介したいと思います。特に納車したばかりの人や、免許を取ったばかりの初心者さんにおすすめしたい内容です!

 

スポンサードリンク

 

立ちゴケしやすいシチュエーション

 

立ちゴケというのは起こりやすい条件があります。

 

どういった時にこけやすいのか知っておくことで「こういう状況では気を付けないと!」と意識することができますので、知識として頭に入れておきましょう。

 

狭い道での取り回し

 

お店や駐輪場から出るとき、バイクを押して動かす機会は多いと思います。そして狭い道を取りまわす時ほどこけやすいです。

 

道が狭いとバイクの方向を変えるのに何度も切り返す必要があり、前進したり後退したりを繰り返しますよね。

 

そういった細かい動きをしているとだんだん体力も消耗していきますし、バイクが不意に傾いたときに支えることができなくなるんですね。

 

しかも道が狭くて通行人が多かったりすると「早く動かさなければ」とプレッシャーもかかってしまうので、余計にこけやすくなります。

 

通行人の邪魔にならないように焦ってしまう気持ちもわかりますが、バイクを倒してしまうと余計に邪魔になりますし注目を浴びてしまいます。狭い環境ほど慎重に冷静に取り回しましょう。

 

傾斜のある道

 

傾斜している道でバイクを取り回す場合、これも非常に立ちゴケが起きやすいシチュエーションです。

 

ちょっとした坂道なんかは、エンジンを始動して走っていたり方向転換している時はまったく気にならないものです。

 

しかしエンジンを停止して取り回ししている場合、ちょっとでも道が傾斜していると危険です。バイクは想像以上に重量がありますので、少しの坂でも引っ張られてしまいます。

 

人間の力など非力ですので、一度勢いがついてしまえば抵抗することができず倒してしまいます。坂道は特に注意してバイクを扱いましょう。

 

足つきの悪いバイクに乗っている場合

 

身長が低い方や女性の方に多いのが、足つきの悪いバイクに乗っていてこけてしまうというパターンです。

 

バイクにまたがった時に両足が地面につかなかったり、つま先立ちになってしまう人は注意しましょう。

 

田舎の方だったり山の中の道路は意外とボコボコしています。もし信号待ちなどで停車した際に、足を置いた場所が他より凹んでいて低かったりするとバイクが傾きすぎてこけてしまいます。

 

スポンサードリンク

 

立ちゴケしない取り回しのコツ

 

では次は実際に取り回す時に、立ちゴケを防ぐコツを紹介していきます。以下の点に注意するだけでこけるリスクをだいぶ下げることができます。

 

愛車を悲しい立ちゴケ傷から守るためにも、特に初心者さんは心がけてください。

 

ハンドルは最大角まで切らない

 

走行中はバイクは傾けて曲がるのが普通ですが、取り回しの際はハンドルを切って方向を変えることが多いと思います。

 

しかしハンドルを切る際は最大まで切らないようにしてください。

 

やってみればわかると思いますが、マックスでハンドルを切ってしまうと非常に取り回しずらくなります。

 

そこに上記で紹介した狭い道や坂道という条件が加わると、立ちゴケのリスクが一気に高まります。

 

取りまわす際はハンドルと傾きを上手に使いながら、バランスよく方向転換していくようにしましょう。

 

ブレーキに手をかけておく

 

これは先ほどの坂道での取り回しに大きく関わってくる部分になりますが、ブレーキには手をかけておいて少しでも倒れる危険を感じたらすぐにレバーを握れるようにしておきましょう。

 

勢いがつきやすいシチュエーションではブレーキをうまく使いながら、自分の扱いやすい環境を作るのがコツです。

 

バイクは身体(腰)で支える

 

教習所で習うことだと思いますが、バイクは腕の力で支えるのではなく身体で支えます。そして気持ち自分の方にバイクを常に傾けておくのが大事です。

 

身体と反対側に傾くと、腕でバイクを引っ張る形になりますのであまり力が入りません。

 

逆に自分の方へ傾ける場合は、身体全部を使ってバイクを押す形になりますのでかなり踏ん張りがききます。

 

さいごに

 

いかがでしょうか。以上のことに注意していただければ立ちゴケのリスクをかなり減らすことができると思います。

 

立ちゴケというのは、初心者だけでなくベテランさんでも気を抜くと起きやすいトラブルの一つです。

 

大切な愛車を守るためにも、上記で紹介したシチュエーションに遭遇した時は注意していただければと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初心者必見!バイクを上手に乗りこなすシフトチェンジのコツ

バイクの教習所攻略!S字クランクを上手にクリアするコツを解説!

教習所攻略!バイクのスラロームをクリアするコツを伝授!

【タンデム】二人乗りでバイクを乗りこなすコツ

【教習所】急制動は怖くない!安定してバイクを止めるコツを解説!

一本橋のコツを知ればバイクを操るのは簡単です!卒研合格までの道