バイクの種類や特徴を解説!バイク選びはまずスタイルから決めよう!

 

バイクには色々な種類があり見た目も全然違います。好みも人それぞれなのでバイクを選ぶ際はまずスタイルから決めたいですね。

 

自分の気に入ったスタイルのバイクが見つかれば愛着もわきますし、見るだけでも楽しい。きっと長くバイクを楽しむことができるでしょう。

 

SHU

SHU
今回はバイクの種類やそれぞれの特徴を解説していきます!

 

どんな種類があるのか知りたい方や、バイク選びに迷っているという人は参考にしてみてください!

 

スポンサードリンク

代表的なバイクの種類

ネイキッドバイク

バイク ネイキッド
画像参照:YAMAHA公式HP

代表的なバイクの種類の1つが「ネイキッド」ですね。裸という意味の通りカウルなどが外されてエンジンがむき出しになっています。

 

教習所で練習に使うバイクはほとんどがネイキッドなので乗りやすいですし、多くの人が馴染みのあるスタイルではないでしょうか。

 

ネイキッドの特徴

  • バランスが良く乗りやすい
  • 走行性能が高い
  • 乗車姿勢が楽
  • 風の抵抗は受ける

 

ネイキッドの特徴であり一番の強みは「万能性」ですね。街乗りでも長距離でもどんな用途においても安定した走りをすることが可能です。

 

ツーリング専用とかレース用とか明確な目的があってバイクを買う人には向かないかもしれませんが、普通に足として考えるならバランスのいいバイクでしょう。

 

SHU

SHU
このバランスの良さが教習車として使われる理由なのでしょうね!

 

スーパースポーツ(SS)

バイク スーパースポーツ
画像参照:YAMAHA公式HP

エンジン回りがカウルで覆われたタイプのバイクがスーパースポーツ(SS)ですね。レースなどでよく見られる種類となります。

 

その名の通り走行性能は他のスタイルのバイクよりずば抜けて高いので、とにかく走りに重きを置いた人にはおすすめのバイクとなります!

 

スーパースポーツ(SS)の特徴

  • 高速安定性が高い
  • 機動力が高い
  • 風の抵抗が少ない
  • 前傾姿勢のため疲れる

 

SSは低いセパレートハンドルとバックステップによりかなりの前傾姿勢で乗ることになります。重心が低くなりますのでバイクを操りやすく、安定するのです。

 

またカウルや風防で風をうまく流してくれるため抵抗が少なく、空力的にも走りに特化したスタイルとなっています。

 

ただこの前傾姿勢はかなり疲れるので長距離を時間をかけて走るような用途には向きません。ロングツーリング時には気をつけたいポイントですね。

 

SHU

SHU
レースや峠を攻める人、どうしてもSSのスタイルが好き!という人におすすめできるバイクだと思います!

 

アメリカンバイク

バイク アメリカン
画像参照:YAMAHA公式HP

バイクの代表格である「ハーレー」などに見られるスタイルがアメリカンバイクですね。これぞバイク!という見た目がインパクト大です。

 

完全に見た目重視のバイクとなりますのでバイクを移動の足としてだけでなくファッションの一部として考える人におすすめのスタイルだと思います!

 

アメリカンバイクの特徴

  • 車体が大きく迫力がある
  • 足つきがいい
  • 乗車姿勢が楽なので疲れない
  • 機動力は低い

 

アメリカンは車格が大きいのでとにかく迫力があります。そして足を前に投げ出して乗る姿勢になりますので楽に運転することができます。

 

またシート高が低く設計されているので足つきがいいですね。背の小さい人や女性でも両足をつけて乗ることができるでしょう!

 

迫力がある見た目や楽な姿勢の代わりに機動力は低いので小回りが利きません。きつい峠道やすり抜けは苦手なのでゆったり乗りたい人向けですね。

 

スポンサードリンク

 

ツアラーバイク

バイク ツアラー
画像参照:YAMAHA公式HP

長距離ツーリングを目的として設計されたスタイルのバイクが「ツアラー」ですね。排気量が大きく姿勢も楽なので長く走っても疲れません。

 

SSと同じようにフルカウルなので一瞬見分けがつきませんが、ツアラーはSSのように前傾姿勢にはならないという違いがあります。

 

ツアラーバイクの特徴

  • 車体が大きく安定している
  • フルカウルにより風の抵抗が少ない
  • 乗車姿勢が楽

 

ツアラーと呼ばれるスタイルのバイクは基本的に排気量が1000CCを超えてきますので振動が少なくパワーもあり安定しています。

 

風の抵抗が少なかったり姿勢が楽だったりと長距離を走るなら一押しのバイクだと言えますね!

 

SHU

SHU
ただアメリカン同様に車格が大きいため小回りは効きません!街乗りでは少し不便を感じるかも…

 

週末の遠出とか専用にバイクを考えている人や、街乗りや足としてセカンドバイクを持っている人はツアラーを選択肢に入れるのもアリでしょう!

 

オフロードバイク

バイク オフロード
画像参照:YAMAHA公式HP

その名の通り道なき道を行く、未舗装の道を走る事を目的に作られたバイクが「オフロードバイク」です。

 

タイヤも細く車高が高いため荒れた道でも走破できますし機動力も高く設計されています。アクロバティックな走りに向いていますね!

 

オフロードバイクの特徴

  • 軽いので扱いやすい
  • 荒れた道の走破力はダントツ
  • 足つきが悪い

 

オフロードバイクは非常に軽いので扱いやすいです。取り回しや旋回もしやすく立ちゴケのリスクも低いでしょう。

 

また軽いゆえに加速もいいため、信号待ちからのスタートダッシュは同排気量のバイクと比べてもかなり優秀です。

 

ただ車高が高いので足つきが悪いです。小柄な人だと跨るのが大変だったり信号待ちなどで両足つかない人もいるかと思います。

 

また日本で普通に走る分には未舗装の道というのはほとんど無いので、個人的にはその走破力を発揮する機会は少ないかなぁという印象ですね。

 

SHU

SHU
キャンプツーリングで山道に行ったり、その見た目が好きだという人にはおすすめのバイクだと思います。

 

スクーター

スクーター バイク
画像参照:YAMAHA公式HP

街乗りや普段の移動の足として考えると最強の使い勝手を誇るのがスクーターですね。ビッグスクーターはまるで動くソファのようです(笑)

 

ATなのでギア操作もありませんから運転するのは本当に楽です。またビッグスクーターの場合はシートが大きいのでタンデムにも向いています。

 

スクーターの特徴

  • ギア操作が無いので運転が楽
  • 積載性がダントツ
  • 小型は幅が狭いので小回りが利く
  • 高速安定性は低い

 

まずスクーターは積載性が他のどのタイプのバイクより優れていますね。原付の大きさでもシートの下にフルフェイスヘルメットくらいなら入ります。

 

さらに運転も楽なので日常の足として使うなら最高のバイクだと言えるでしょう。通勤・通学用途でバイクを考えているなら第一候補になると思います。

 

ただタンクを挟まず足が自由になるので姿勢は不安定です。高速などを走る時は風をモロに受けますし安定しないので少し怖いかもしれません。

 

クラシックバイク

クラシック バイク
画像参照:kawasaki公式HP

レトロな見た目で雰囲気重視のバイクがクラシックバイクですね。古き良き時代のメカメカしさとエンジン回りのスカスカ感がたまりません!

 

メッキパーツも多く使われているので磨いてピカピカにすればずっと眺めていられそうなバイクですよね。

 

クラシックバイクの特徴

  • レトロな雰囲気が最高
  • 足つきがよく乗りやすい
  • 軽いので取り回ししやすい
  • 加速力は低い

 

オフロード同様に車体が軽く扱いやすいので取り回しや旋回がしやすいです。シート高も低く足つきがいいため小柄な人や女性でも安心して跨れます。

 

ただ走行性能は高くありませんので、バイクらしい加速が欲しいという人には向かないでしょう。ゆったり走りたい人向けだと言えますね。

 

SHU

SHU
雰囲気重視でまったり走りたいという人におすすめ!街乗りはしやすいので普段使いにも向いています!

 

バイクの種類は増え続ける

バイク 種類

今回は代表的なバイクのスタイルを紹介しましたが、最近はそれぞれの種類をさらに派生させたような新しいスタイルもどんどん出てきています。

 

オフロードを街乗り仕様にした「ストリート」「アドベンチャー」とかエイプやモンキーなどに代表される「ミニバイク」なんかもありますね。

 

これからも新しい種類は生まれるでしょうが、基本的には上記で紹介したスタイルを元に発展させた形になってくると思います。

 

自分はどういう乗り方をしてどういう見た目が好きなのかを把握するなら今回紹介した内容を押さえておくだけで充分でしょう!

 

さいごに

 

どんなバイクを買おうかと考えている時が一番楽しいですよね。さらに自分好みのスタイルのバイクが見つかったら最高に楽しくなると思います。

 

今回紹介したようにひとえにバイクといっても様々な種類がありますから、ぜひ自分好みの種類を見つけてみてくださいね!

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

車検なし!250CCのアメリカンバイクでおすすめの車種TOP3!

女性ライダー必見!足つきのいいバイク、おすすめ車種を紹介!

中免で乗れる!400CCのアメリカンバイクおすすめ車種TOP3