教習所攻略!バイクのスラロームをクリアするコツを伝授!

 

教習所で学ぶバイク実技の中でテクニック性が一番強いのが「スラローム」ですよね。いかにもバイクを操るといった感じがします。

 

このスラローム、慣れないうちは重いバイクを右に左に倒していかないといけませんので、切り返しの際に倒してしまったりパイロンを超えてしまうことが多いでしょう。

 

SHU

SHU
今回はスラロームを攻略するためのコツを紹介していきます!

 

今教習所に通っていてスラロームがクリアできないと悩んでいたり、もっとタイムを縮めたいという人は参考にしてください!

 

スポンサードリンク

 

スラロームを成功させるコツ

バイク スラローム

スピードはリアブレーキで調節

 

スラロームはスピードが出過ぎるとパイロンを超えてしまいますし、逆に遅すぎると立ちゴケしてしまいます。スピードの調節は成功させるために大切なポイントですね。

 

ただスラロームがうまくできないという人はこのスピード調節のやり方が間違っていることが多いです。基本的にスラロームではスピード調節はリアブレーキしか使いません

 

フロントブレーキは制動力が強くバランスを崩しやすいため立ちゴケしやすくなりますし、クラッチを切ったり半クラだとパワーが伝わらないためこれもコケる原因になります。

 

ギアは1速か2速に入れたままクラッチは握らず、アクセルワークとリアブレーキだけでスピードの調整をしていきましょう!

 

SHU

SHU
1速だとエンジンブレーキが強すぎてギクシャクするので個人的には2速でやるのがおすすめです!

 

バイクは傾けて曲がる

 

狭い間隔のパイロンを次々に曲がらなければならないので、スラロームではきびきびとした方向転換が求められますよね。

 

バイクの基本でもありますが、曲がる時はハンドルを使わず体重移動で方向を変えます。ハンドルメインで曲がろうとするとバランスを崩しやすいです。

 

ハンドルには意識を向けず体重移動に集中すると自然とハンドルも微妙に切れるので、ちょうどいいバランスで曲がることができるようになります!

 

SHU

SHU
バイクを倒すとコケそうで怖い!という人がハンドルを過度に切ってしまいがちです。コケないから大丈夫!

 

倒しこむことが怖いならニーグリップでしっかりタンクを膝で挟んでバイクと重心を一つにしましょう。安定すればバイクを傾ける際の恐怖心は無くなります。

 

アクセルでバイクを起こす

 

倒したバイクはアクセルで起こす」…これはスラロームをやる際に教官から教わると思いますが、成功させたいならこのスキルは必ず必要になります。

 

バイクは重いので倒しこんだら人の力では起き上がりません。アクセルをひねってエンジンの力でバイクを起こすようにしましょう。

 

コツとしては一瞬で「ブォンッ!」とアクセルを回すことです。じんわり回すと力不足でバイクが起きませんし、長く回すと加速してしまいます。

 

SHU

SHU
傾いたバイクにアクセルを入れると起き上がる→加速といった動きになるので車体が起きたら加速する前にアクセルを戻しましょう!

 

目線がなにより重要!

 

一本橋とかクランクといった実技教習でも同じですが、バイク操作においては目線をどこに置くかというのが非常に大切になります。

 

スラロームもパイロンを意識するあまり手元とか近くを見てしまいがちですよね。基本的には手元ではなく常に進行方向を見るようにしましょう。

 

今超えようとしている次のパイロンを見ていく流れにしていくといい感じになると思います。目線を変えるだけでびっくりするくらいバランスがよくなるものです。

 

スポンサードリンク

 

上手にスラロームを行う流れ

  • 前輪がパイロンにさしかかるあたりでバイクを倒す
  • アクセルでバイクを起こす

 

上述したコツを一通り押さえたら、あとはパイロンごとに「バイクを倒す→アクセルで起こす」を繰りかえすだけです。

 

目線は一個先のパイロンを見ながら、スピードはリアブレーキで調整する…コツをまとめてみるとシンプルですよね。これだけで教習所のタイムは余裕でクリアできると思います。

 

後はリズムを意識するといいですね。「ブンッ!ブンッ!ブンッ」とアクセルを入れる音が一定になるようにしましょう。

 

SHU

SHU
パイロンは等間隔に置かれているのでスピードが安定していればアクセルのリズムも一定になるはずです!

 

もしこのアクセルのリズムが乱れるとしたらパイロンごとにスピードが違うということなので、練習の中で調整していきましょう。

 

さいごに

 

最初はうまくいかないかもしれませんが、スラロームが上手になると「バイクを操っている」感がすごい実感できるので運転が楽しくなっていきます。

 

アクセルでバイクを起こすという間隔がつかめるかどうかがスラロームを成功させる鍵なので立ちゴケを恐れずバイクを倒しこんでみましょう。

 

スラロームに苦手意識があったりタイムをクリアできないと悩んでいる人はぜひこの記事で紹介しているコツを実践してみてくださいね!

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一本橋のコツを知ればバイクを操るのは簡単です!卒研合格までの道

【タンデム】二人乗りでバイクを乗りこなすコツ

慣れれば簡単!一発で成功させるバイクの押しがけのコツ

立ちゴケしない!正しいバイクの取り回し方・コツ

【教習所】急制動は怖くない!安定してバイクを止めるコツを解説!

バイクの教習所攻略!S字クランクを上手にクリアするコツを解説!