初心者必見!バイクを上手に乗りこなすシフトチェンジのコツ

 

初心者のうちはシフトチェンジがうまくできずにエンストしたり、クラッチを繋いだ瞬間にガクッとなってしまうことがよくあると思います。

 

スムーズなシフトチェンジが初心者から抜け出す第一歩となりますので、ビギナーライダーさんは正しい知識とコツをこの記事で学んでくださいね。

 

スポンサードリンク

 

ギアとスピードの関係性を知る

 

ギアを何速に入れるかという事とスピードが何キロ出ているのかということは密接に関係しています。今出ている速度に対して適切なギアに入れてあげることが大切なんですね。

 

それぞれのギアの得意な速度を知っておくことで、バイクを上手に乗りこなせるようになりますから以下の事を知っておいてください。

 

ローギアは低速~中速が得意

 

一速から三速くらいまでのローギアは発進から街乗りを流すまでの60キロくらいまでで使用します。トルクが強く巡行には向いていないので、加速するために使うイメージですね。

 

少しアクセルを回しただけでも回転数が上がりやすく、エンジンブレーキも強いので速度が安定したらハイギアへ移行していきましょう。

 

ハイギアは流し~高速巡行用

 

四速以降のハイギアは街乗りで流す際や高速道路を巡行する際に使用します。トルクがありませんので加速などはできませんが、回転数も低く維持でき燃費もよくなります。

 

交通の流れに乗ることができたらハイギアを多用して、また加速が必要になった時はギアを落とす…といった使い方をしていきます。

 

加速と巡行というそれぞれの用途でローギアとハイギアを使い分けていくようにしてください。

 

ギアチェンジは素早く

 

上手いライダーというのはギアチェンジにかける時間がとても少ないです。クラッチを切っている間というのはエンジンの動力が伝わらない状態ですから、その無駄な時間を少なくすることが大切です。

 

慣れないうちは時間がかかってしまうのは仕方のないことですが、パパッと適切なギアに変更できるよう普段から意識してシフトチェンジを行いましょう。

 

クラッチは完全に切らなくてもよい

 

ギアを変えるためにクラッチを切るわけですが、実はクラッチレバーをマックスまで握ってやる必要はありません

 

ある程度エンジンの動力を遮断できればOKですので、半クラよりもう少し切るくらいのイメージで大丈夫です。

 

毎回マックスまでクラッチレバーを握っていると時間もかかりますし、頻繁にシフトチェンジを行う場面では左手が疲れてしまいます。

 

クラッチはつなぐ時も素早く

 

教習所ではクラッチをつなぐ際、半クラッチを使いながら徐々につないでいくことを教えられます。半クラッチからゆっくりつないでいけばシフトショックも起こりにくく初心者は運転しやすいからです。

 

しかしバイクにとっては半クラッチにしている間はいい状態とは言えません。クラッチも削れてしまう状態なので消耗が早くなります。

 

バイクのためにもチェンジペダルでギアを変えたらサクッとクラッチをつないでいくようにしていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

シフトショックをなくす

 

シフトを変えてクラッチをつないだ時にガクッとエンジンブレーキがかかってしまうというのは初心者がシフトチェンジで一番悩む部分だと思います。

 

それを改善するために半クラを使いながらゆっくりつないでいく事を教えられるわけですが、それではいつまでたっても上達することはできません。

 

ガクッとしてしまうのは理由があります。正しいシフトチェンジができれば半クラを使わなくてもガクッとしないのでコツをつかんでくださいね。

 

回転数が合っていない

 

シフトショックが出てしまう一番の原因はこの回転数がギアに合っていないという点です。冒頭でギアとスピードの関係性を記述しましたが、スピードだけでなく回転数も関係があるのですね。

 

例えば三速を例に挙げると、スピードが40~60キロくらいであれば適切な回転数はだいたい3000回転前後です。(バイクによって差はあります。)

 

二速から三速に入れるとき、または四速から三速に落とすときに回転数が3000回転付近からかけ離れているとクラッチをつないだ時にシフトショックが起こります。

 

クラッチを切っている間は回転数が落ちますから、シフトチェンジに時間がかかっていると適切な回転数とずれが生じ、ガクッとしやすくなるのです。ですから上記でシフトチェンジは素早く!と書いたわけですね。

 

 

クラッチを切らなくてもシフトチェンジができる

 

極論ですが、回転数さえスピードに合っていればクラッチを使わなくてもギアを変えることは可能です。

 

実際には少しでもずれるとミッションを痛めるのでおすすめはしませんが、そんなことができるくらい回転数とスピードを合わせるのは大切だという事です。

 

クラッチをつなぐ前にアクセルを入れる

 

どうしても回転数を合わせられなかったり、素早くシフトチェンジできなくて回転数が落ちてしまう人はクラッチをつなぐ前にアクセルを回してエンジンをふかしてしまいましょう。

 

要は回転が落ちてしまうならアクセルを入れて強制的に回転数を上げ、適切なレベルまで回してからクラッチをつなぐというわけです。

 

そうすることでシフトチェンジに多少時間がかかってもショックを起こさずクラッチをつなぐことができます。慣れるまではこの方法を実践してみてください。

 

さいごに

 

いががでしょうか。シフトチェンジは慣れると無意識に適切なギアへ移行することができますが、初心者のうちは難しいと思います。

 

まずは加速したい時、巡行したい時でローギアとハイギアを使い分けられるようになること、シフトショックをなくして素早くシフトチェンジができるようになることを目標として練習してみてください。

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一本橋のコツを知ればバイクを操るのは簡単です!卒研合格までの道

立ちゴケしない!正しいバイクの取り回し方・コツ

バイクの教習所攻略!S字クランクを上手にクリアするコツを解説!

【教習所】急制動は怖くない!安定してバイクを止めるコツを解説!

教習所攻略!バイクのスラロームをクリアするコツを伝授!

【タンデム】二人乗りでバイクを乗りこなすコツ