年季の入ってきた愛車に…バイクのサビ取り方法あれこれ

 

愛車をいろいろな事情で青空駐車せざるを得ない人は雨ざらしになるので、長く所有しているとだんだんとサビが浮いてくると思います。

 

サビが出ること自体は仕方のないことではありますが、放置するとどんどん車体を浸食し、腐らせますので早めに対処する必要があります。

 

素人整備でもなんとかなる段階で早めに手を打っておきましょう。今回はそんなやっかいなサビの取り方を紹介しますので参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

サンドペーパーで削り取る

 

サビ取りの方法の中では一番ベーシックで安価に済む方法だと思います。粗い目から始めてだんだん細かい番手にしていきましょう。

 

ただしデメリットとしてはサンドペーパーが入る部分しかサビを落とせないという点です。指が入らないような小さな隙間などは削ることができません。

 

サビというのは少しでも残っていればそこからまた浸食を始めます。いくら目に見える部分を綺麗にしても、細かいところが残っていれば意味がないのです。

 

サンドペーパーは平面のサビに対して使い、取り切れないような細かいサビは別の方法を使って落としていきましょう。

 

手の入らない部分のサビ取り方法

 

では以下に手が入らないような細かい部分のサビ取り方法を紹介していきます。安価に済む方法やある程度予算が必要なものまでさまざまなので、適宜選んでください。

 

サンドブラストを使う

 

サンドブラストは細かい砂の粒子をエアコンプレッサーなどで吹き付けてサビを削り取る方法です。

 

コンプレッサーを所持していることが条件なのですべての人におすすめできる方法ではないですが、時間も少なく済み仕上がりも綺麗です。

 

砂の粒子は手の届かないような隙間までしっかり入り込み、空気の力でしつこいサビも除去してくれます。予算があれば最強のサビ取りツールでしょう。

 

フレームなどの大きいパーツをサビ取りする場合は自宅用のサンドブラストでは厳しいかもしれません。工場などで業務用のブラスト機をタイムレンタルしてくれるところもあるので、そういったサービスを使うのも手ですね。

 

ケミカル(薬剤)を使う

 

主にタンクの内部のサビを取ったりするのに使うのがケミカルです。サビは鉄の表面が酸化して発生する化学反応ですから、化学には化学で対抗するという感じですね。

 

サンポールなどが有名ですが、できればバイク用の専用品を使いましょう。サンポールは強力なのでタンクなどに使うと最悪穴が開きます。

 

 

バイクの専用品というわけではありませんが、おすすめは上記の「ラストリムーバー」です。錆びとり商品としては評価が高く、使っている人が多いアイテムですね。

 

ただラストリムーバーを含めてケミカルを使う際の注意点は、サビを落とした後です。薬剤を中和せずに水洗いすると、その瞬間から水でまたサビ始めます

 

錆びとり材は酸性ですので錆を落としたらアルカリ性のもので中和しましょう。身近なものだと「マジックリン」とかですかね。

 

スポンサードリンク

 

サビ転換剤を使う

 

フレーム溶接のつなぎ目など、見た目が気にならない部分に関してはサビを落とすのではなく、サビ転換剤でこれ以上サビが浸食しないようにするという方法もあります。

 

これはサビの表面を化学反応で黒サビに変え、酸素を遮断してしまうことで進行を止めるというものです。

 

液体タイプのものが安価で市販されているので手に入りやすいですし、錆びている部分に塗るだけなので非常に手軽でおすすめです。

 

ただし市販品では重度のサビには効果が薄いという話も聞きますので、ある程度削り取ってから落としきれなかった部分に使うなど工夫も必要でしょう。

 

サビ取り後の処理

 

サビ取りの方法をいくつか紹介してきましたが、実はサビというのは取った後の処理の方が大切です。

 

サビは金属面が酸素に触れることで反応して発生します。せっかくサビを落としても表面がむき出しだと近いうちにまたサビてしまうでしょう。

 

塗装する

 

サビ取り後の処置として一番簡単なのは塗装してしまうことです。金属面を塗膜で覆ってしまうことで酸素との接触を避けます。

 

もともと塗装されているパーツはサビ取りした後に再塗装すると思いますが、目に見えない部分もスプレーなどでしっかり塗装しておきましょう。

 

さらにクリア塗装でコーティングまでしておくと塗装も長持ちしますのでおすすめです。塗装を綺麗にするコツは以下の記事で細かく解説しているので参考にしてください。

 

【バイク】スプレーでも綺麗にできる!カウルの塗装を成功させるコツ【DIY】

 

防サビ剤を使う

 

見た目的に金属感を維持したい部分などは塗装できないと思いますので、そういった場合は防サビ用のコーティング剤を使うといいでしょう。

 

これも普通に市販されていますのでサビを落としたら必ず処理をするようにしてください。スプレータイプから刷毛塗りタイプまでいろいろ種類がありますので、予算や部位によって選んでくださいね。

 

 

個人的には手っ取り早くできるスプレータイプがおすすめですね。手の届かない狭い部分にも吹き付けることができますし値段も安価です。

 

さいごに

 

いかがでしょうか。バイク乗りにとってサビとの戦いは避けられないところだと思います。面倒くさがって放置するとあっという間に鉄くずです。

 

一定のレベルを超えて浸食が進むと修復が不可能なレベルになることもあります。そうなる前に早めの対策を行うようにしましょう。

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイクのバッテリー、寿命の目安と伸ばす方法

男のロマン!原付の最高速度を上げる方法

【バイク】ブレーキパッドの種類と特徴!交換時期も知っておこう

【バイク】スプレーでも綺麗にできる!カウルの塗装を成功させるコツ【DIY】

バイクのチェーンメンテナンス!必要性と手順のコツを解説!

バイク洗車の基礎知識!水を使うか使わないかどっちがいいのか解説!