バイク名車再生!レストアのベース車を選ぶ際のチェックポイント

 

往年の名車・旧車を新車同様に蘇えらせる…レストアはバイク好きの究極の道楽と言えるでしょう。

 

パーツ単位でバラバラにし、消耗品は交換して汚れもきれいにして元通り組み直す…完成したバイクはたとえ古い型の車種でも長く乗っていくことができます。

 

分かる人にしか分からない世界かもしれませんが、レストアはバイク好きなら興味のある人が多いと思います。今回はそんなレストアをする際に、ベースとなるバイクを選ぶ時のチェックポイントを紹介します。

 

スポンサードリンク

 

車種決めのポイント

 

まずはレストアするバイクを探すことから始まりますが、車種を決める際にもチェックしておくべきポイントがあります。

 

どうしても再生したいバイクが決まっている人やこだわりがある人は別ですが、これから車種を決める人はレストアしやすいものを選ぶべきです。

 

マニアックなものは避ける

 

あまり人気がなかった車種や生産台数が少なかったバイクはレストアベースに適しません。そもそもタマ数が少なければベース車自体を見つけるのも難しいでしょう。

 

運よくいいものを見つけることができても、パーツの流通が少ないことも考えられます。交換したいパーツを見つけることができなければレストアが頓挫してしまうので事前のリサーチは重要です。

 

サービスマニュアルが手に入るものにする

 

サービスマニュアルはバイクの説明書です。慣れると無くても完成させることができますが、最初のころは必ず用意しましょう。

 

事前にヤフオクや通販サイトでサービスマニュアルが流通しているか確認しておくことをおすすめします。

 

場合によってはメーカーのホームページなどでデータでサービスマニュアルやパーツリストが見れたりするケースもあるのでそういったところもチェックです。

 

ネットに情報が多いものにする

 

タマ数の多い車種や人気の車種はネット上に整備を解説した記事や、レストアの記録がたくさんあります。

 

こういった記録はレストアに行き詰った時に非常に参考になります。その車種独特のトラブルの解決法なども書いてあったりするので、できれば情報が多いものを選ぶようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

必ず現車確認をする

 

候補となるバイクを選ぶ際に、多くの人がヤフオクなどのサイトを利用すると思います。こういったサイトは個人でもレストアベース車両を探すことができるので非常に便利です。

 

ただし、写真が掲載されていても必ず現車確認はするようにしましょう。

 

遠目では細かいところがよくわかりませんし、実際に見てみたら説明と違う点があったというのはよくある話です。

 

こういったサイトでは基本現状渡しになりますので、購入したあとにクレームをつけることはできません。トラブルを避けるために事前に車体を確認することがおすすめです。

 

サビのひどいものは避ける

 

レストアというのはほとんどがサビとの闘いです。ある程度のサビは落として綺麗にすることができますが、程度がひどいと手に負えません。

 

錆びている範囲が広いものや、浸食が進みすぎて割れ・欠けが出ているものは避けましょう。個人でこのレベルを再生するのは限界があります。

 

登録書類が揃っているものを選ぶ

 

当たり前の話ですが、ナンバーを取得するために必要な書類が揃っているものを選びましょう。

 

せっかくきれいにレストアできてもナンバーが取れなくて走れないのでは意味がありません。実物大プラモデルになってしまいます(笑)

 

特に車検のない250CC以下のバイクは書類がないケースが目立ちます。廃車証明や譲渡証、販売証明などがあるかは事前に必ずチェックしてください。

 

書類がない場合の解決法

 

程度のいいベース車両を見つけたけど書類がないとか、書類の有無を確認せずに購入してしまったという場合は解決法があります。

 

それは書類ありのフレームだけ別途購入するという方法です。ナンバーはフレームに刻印された番号を元に登録されますので、フレームだけ乗せ換えれば大丈夫です。

 

ヤフオクなどを見るとバイクのフレーム単体で出品されているケースもよく見るので、もし書類がない場合は最悪それで対応しましょう。

 

欠品の多いものは避ける

 

ベース車を探しているとよく見かけるのが欠品です。できれば欠品は少ないものを選ぶようにしましょう。

 

パーツ単体で一つ一つ探して入手していくと結構費用がかさんでしまいます。程度がよくて欠品の多い車体より、多少ボロくてもパーツが揃っているバイクの方がいいです。

 

ボロいのはサビを落としたり塗装したり修復することで解決できますので、そういった点に注意して選ぶようにしてみてください。

 

さいごに

 

いかがでしょうか。レストアに適した車体を探すのはけっこう大変です。しかしここで手を抜くと最悪レストアを途中で諦めなければならない可能性も出てきます。

 

上記のポイントに注目して探していただければ、必ずレストアを成功させることができると思いますので参考にしてください。

 

ぜひあなたの手で往年の名車を現代に蘇らせてくださいね!

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男のロマン!原付の最高速度を上げる方法

バイクのバッテリー、寿命の目安と伸ばす方法

色褪せた愛車もピカピカに!パーツ別正しいバイクの磨き方

バイクのチェーンメンテナンス!必要性と手順のコツを解説!

バイクのオイル交換の適切な時期を知ろう!

バイクの慣らし運転って必要?初心者が知っておきたい慣らしの知識