バイクのオイル交換の適切な時期を知ろう!

 

バイクの基本的なメンテナンスの一つがオイル交換ですね。DIYでも取り組みやすい作業の一つだと思います。

 

オイルというのは消耗品になりますので定期的な交換は必要になりますが、初心者のうちはどれくらいのタイミングで交換すればいいのだろう?とオイル交換の時期について悩むことも多いでしょう。

 

自分のバイクの種類や乗り方のスタイルによって適切なオイル交換の時期は異なるので一概には言えませんが、一般的な交換サイクルの目安を紹介していきますので参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

一般的なオイル交換の時期の目安

 

3000km毎に交換

 

メーカーなどでは一般的に3000kmでの交換が推奨されています。これはあくまでも普通に乗った場合の目安になりますのでエンジンを回して乗る人や峠・レースなどで激しい運転をする人はもっと交換サイクルが短くなります。

 

3000kmを超えても交換しなかったからといって何かトラブルが起きるわけではありませんが、意識しないとずるずる交換しないまま結構な走行距離になってしまうこともあるので「3000km走ったら交換」というのは意識しておきましょう。

 

半年に1回交換

 

距離ではなく時間での目安に関しては半年に1回というのが交換時期の目安のようですね。休みの日しか乗らないようなライダーは3000km行くより先に半年経つことも多いと思います。

 

オイルも時間が経てば経年劣化していきますので、あまり距離を走っていない場合でも長期間たった場合は交換してあげましょう。

 

慣らしの場合は1000kmで交換

 

新車のバイクだったり、エンジンをオーバーホールしたばかりのバイクの場合は約1000kmでオイル交換の時期となります。

 

新車やエンジンが新しい場合はギアのかみ合わせが甘いため、馴染むまでは金属粉が多く出てしまいます

 

金属粉が多く含まれたオイルはエンジンを円滑に駆動するのにあまりいい環境とは言えません。慣らしが終わるタイミングで早々に交換するようにしてください。

 

そもそもオイルの役割とは

 

エンジンオイルが消耗品で定期的な交換が必要であるということは理解していると思いますが、初心者のうちはそもそもオイルがどういった働きをしているのかわからないという人も多いと思います。

 

オイルの重要性がわかっていないとオイル交換を軽く考えてしまい、面倒で交換を怠ってしまうという事態にもつながるので役割はしっかり理解しておきましょう。

 

金属同士の摩擦を軽減する潤滑油

 

エンジンのパーツ、ギアというのは全て金属で構成されています。金属のギアがかみ合ってエンジンは動いているわけですが、金属同士の接触では当然摩擦が発生します。

 

摩擦が大きいと金属はだんだんと削れていってしまうためエンジンの寿命を短くしてしまうのです。また抵抗も大きくなるため動きも悪くなり、効率が悪くなります。

 

そういった問題を解決するためにオイルが必要なわけですね。潤滑油としてオイルが機能することでエンジンはスムーズに動くことができます。

 

熱の発生を抑える

 

上記で金属同士の接触は抵抗が大きいと記載しましたが、抵抗が大きいということは熱も発生するということになります。

 

熱というのは高すぎると金属の変形につながってしまいますし、エンジンの効率を悪くする要素でもあります。

 

ただでさえエンジンのシリンダーは爆発により高温状態ですから、もしオイルがなければ簡単にオーバーヒートしてエンジンが焼き付いてしまうでしょう。

 

以上のようにオイルが入っていなかったり正しく機能していなかったりするとエンジンが故障する重大なトラブルを招いてしまいますのでオイルの管理というのは非常に大切なのです。

 

スポンサードリンク

 

交換しないとどうなる?

 

粘度がなくなる

 

オイルというのは熱が加わるとだんだん粘度がなくなってきてサラサラになってきます。サラサラ状態のオイルでは上記で解説したようなオイルとしての役割を果たせなくなってしまいます。

 

粘度のなくなったオイルが入っていたところで、それはオイルが入っていない状態と対して変わらないので非常に危険なのですね。

 

エンジンの熱が上がりやすく、焼き付きを起こしやすい状態であると言えるでしょう。そうなる前に適正な粘度を持ったオイルに新調することが大切なのです。

 

逆に摩擦が大きくなる

 

エンジンのギアのかみ合わせの摩擦を軽減するのがオイルの役割だと解説しましたが、長期間使用したオイルをそのまま使っていると逆に摩擦が大きくなっていきます。

 

なぜかと言うとオイルに含まれる金属粉や汚れなどの不純物が多くなっていくからですね。

 

金属である以上、いくらいいオイルで潤滑しても金属粉は発生します。これが堆積していくとオイルに含まれる不純物の割合が増えていき、エンジンの動きを逆に妨げてしまうことになるのです。

 

オイル交換を怠っているとエンジンのトラブルを併発したり、寿命を短くしてしまう可能性があることを理解しておきましょう。

 

さいごに

 

いかがでしょうか。オイルというのはバイクにとって血液みたいなものです。トラブルなく快適に走るためにはいい環境でエンジンが動く必要があります。

 

オイルを適切な時期で交換してあげることがトラブルなく長くバイクに乗ることにつながりますので、面倒くさがることなく定期的に交換するようにしてあげてくださいね。

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エンジンオイルのおすすめな選び方!粘度について知っておこう!

バイク名車再生!レストアのベース車を選ぶ際のチェックポイント

【バイク】ブレーキパッドの種類と特徴!交換時期も知っておこう

【バイク】スプレーでも綺麗にできる!カウルの塗装を成功させるコツ【DIY】

バイクのバッテリー、寿命の目安と伸ばす方法

年季の入ってきた愛車に…バイクのサビ取り方法あれこれ