バイクの慣らし運転って必要?初心者が知っておきたい慣らしの知識

 

新車を購入した場合やエンジンをオーバーホールした後、慣らし運転をしてくださいなんて言われます。

 

よく慣らし運転は必要ない派と必要派に分かれてネット上では議論が展開されていたりしますが…本当のところどうなんでしょう。

 

そもそも慣らしって何なのか、特に初心者のうちはわからないですよね。今回はなぜ慣らし運転が必要なのか、私なりの考えを書いてみたいと思いますので参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

慣らし運転はした方がいい

 

まず結論として私はバイクの慣らし運転はした方がいいと考えています。しないからといって壊れたりすることはありませんが、エンジンの寿命は変わってくると思います。

 

慣らし運転が終わるまではスピードを出してバイクを運転することができないのでストレスがたまるかもしれませんが、愛車に長く乗るために耐えましょう。

 

あたりを出すため

 

慣らし運転の一番の目的はエンジンのあたりを出すことです。エンジンというのは綿密に設計され組まれていますが個体別に微妙なズレ・歪みがあります。

 

この歪みはエンジンを動かすことによってだんだんと削れて修正されていきます。こうしてエンジンごとのベストなポイントを見つけることを「あたりを出す」と言っているのですね。

 

これはエンジンだけの話ではなく、ギアやチェーンなど金属が交わるパーツ全てに当てはまります。

 

以上のようにオイルやギアがなじみ、バイク全体としてスムーズに動くようにするためには慣らし運転が必要だと言えるでしょう。

 

慣らしをしないと歪む

 

慣らしをせずにいきなり全開走行したらどうなるのでしょう。おそらくエンジンを組んだ段階で発生しているズレや歪みが大きくなると考えます。

 

金属同士が引っかかっている状態でイキナリ全開で動かせば、機械にとって良くないのは容易に想像できますよね。

 

結果的に後々のトラブルにつながったりエンジンの寿命を短くしてしまう恐れがあるため、やっぱり慣らし運転はした方がいいと考えます。

 

慣らし運転ってどんな運転?

 

具体的に慣らし運転とはどういった運転を指すのか、初心者の人や初めてこの言葉を聞いた人は疑問に感じると思います。

 

一般的には速度制限回転数制限を設けた運転を指すことが多いですね。

 

慣らし期間中は速度はだいたい50キロ前後まで、回転数は2000回転から3000回転までの間というのが基準のようです。

 

この基準を超えないように運転するのは広い道路などに出ると厳しいかもしれませんので、街乗り中心に乗って消化しましょう。

 

ブレーキも慣らしが必要!

 

慣らし運転と聞くとエンジン回りをイメージすると思いますが、ブレーキに関しても慣らしは必要です

 

最近のバイクはほとんどがディスクブレーキだと思いますが、ディスクブレーキというのはタイヤに付いているディスクをパッドで挟み、その摩擦でタイヤを止める仕組みです。

 

このディスクとブレーキパッドにあたりが出ていないとブレーキの鳴きや制動力の低下を招くのです。

 

ちなみにブレーキの鳴きというのはブレーキをかけた時にキーって音が出る現象ですね。おばちゃんの乗ってる自転車とかでよくあるアレです(笑)

 

なので慣らしが完了するまではブレーキも優しく徐々にかけるようにしましょう。急ブレーキは危険を感じた時以外は厳禁です。というか「急」がつく動作は基本的にしないようにしてください

 

慣らし完了の目安とは

 

慣らし運転はどれくらいの距離を走ればいいのかというのは買ったバイクやお店の方針により異なります。基本的にはお店やメカニックの指示に従うようにしましょう。

 

一般的に言われているのはだいたい1000km前後が多いようです。

 

特に指示がなかった場合や自分でエンジンをオーバーホールした場合はそれくらいを目安にしてください。

 

スポンサードリンク

 

慣らしが終わったらオイルを交換しよう

 

忘れてしまいがちなんですが、慣らし運転が無事に終わったらオイル類を交換するようにしてください

 

慣らしは金属の引っ掛かりを落とし、スムーズにかみ合うようにする行為ですので大量の金属粉が出ます。

 

慣らしが終わったオイルにはこういった金属粉やカスが大量に混じっているので交換が必要なのです。

 

交換しないでいると金属粉が邪魔してせっかく慣らした表面に傷がつき、また歪みやズレが生じる原因になります。慣らしが終わった達成感と解放感で忘れやすいので気を付けましょう。

 

慣らし運転はバイクのためだけではない

 

ここまで慣らしの必要性を解説してきましたが、基本的には機械やバイクを長持ちさせるためということがわかっていただけたと思います。

 

しかし実は慣らし運転はドライバーのためでもあるのです。ライディングポジションやブレーキ・クラッチの遊び、半クラの位置などは同じ車種でも個性があり違います。

 

こういったバイクごとに違う点をライダーが確認する意味でも慣らし運転は必要なのです。自分がバイクに慣れるという意味での慣らし運転ということですね。

 

さいごに

 

いかがでしょうか。慣らし運転はやらない理由はないと思いますので是非やっておきましょう。

 

これから長く付き合っていきたいバイクであれば慣らし期間のストレスも耐えられると思いますのでがんばってくださいね!

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイクのチェーンメンテナンス!必要性と手順のコツを解説!

男のロマン!原付の最高速度を上げる方法

年季の入ってきた愛車に…バイクのサビ取り方法あれこれ

エンジンオイルのおすすめな選び方!粘度について知っておこう!

色褪せた愛車もピカピカに!パーツ別正しいバイクの磨き方

バイク名車再生!レストアのベース車を選ぶ際のチェックポイント