色褪せた愛車もピカピカに!パーツ別正しいバイクの磨き方

 

バイクに長く乗っていると洗車では落ちきれないサビやくすみが必ず出てきます。また間違った洗車の方法により洗車傷ができているケースもあります。

 

こういった細かい劣化は放置しておくとどんどん色褪せてしまい、年式相応の見た目になってしまうのですね。

 

劣化は磨くことで輝きを取り戻すことができますが、バイクには樹脂や金属、メッキなどさまざまな素材が使われておりそれぞれで磨き方が異なります。

 

今回は部位別での正しい磨き方を紹介しますので、愛車がくすんでしまっている人は実践してみてください。

 

スポンサードリンク

 

洗車傷をつけない洗い方

 

まずは正しい洗車の方法からです。せっかく磨いてピカピカにしても、間違った洗車を続けているとまた洗車傷がついて色あせてしまいます。

 

洗車は何も考えずにしてしまう人も多いですが、ただ傷をつけているだけの可能性もありますので正しい方法を知っておいてください。

 

直接こすらない

 

洗車傷がついてしまう一番の原因はバイク本体を直接こすってしまうことです。これではどんなに柔らかいスポンジを使っていても傷がつきます。

 

 

スポンジと車体の間には必ず泡を挟んで、バイクには直接触れないようにしましょう。

 

 

そんなんで汚れ落ちるの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、しっかり汚れを浮かせてやればそもそもこすらなくても綺麗にできます。

 

しつこい汚れにはスチームクリーナーを

 

もし泡で浮かせても汚れが完全に落ちない場合はスチームクリーナーを使いましょう。

 

高熱のスチームで油汚れも、長年積み重なった泥やホコリもすっきり落とすことができます。値段も5000円くらいからありますので手を出しやすいでしょう。

 

バイク以外にも活躍の場は多いと思いますので、一家に一台置いておくことをおすすめします。

 

スポンサードリンク

 

部位別バイクの磨き方

 

一度ついてしまった洗車傷や、酸化してくすんでしまった金属、メッキ部分はいくら洗車しても綺麗にすることはできません。

 

こういった劣化は一度磨き直してリセットしてやる必要があります。部位によって使うアイテムが異なりますので以下を参考にしてください。

 

メッキ部分

 

アメリカンタイプのバイクに多用されているメッキパーツは時間がたつと酸化して輝きを失います。

 

金属にメッキをしている場合はひどくなるとサビてきますし、サビの浸食が進むと下地の金属部まで侵していきます。

 

そこまでいくと磨いても綺麗にできず、再メッキするしか方法がなくなりますのでサビの前のくすみの段階で手を打っておきましょう。

 

スチールウールで汚れ落とし

 

台所の油汚れを落としたりするのに使うスチールウールは金属やメッキを磨くのに向いています。軽度のサビやくすみ程度ならこれで十分落とせるでしょう。

 

注意点としては水をかけながら磨くことです。落とした金属の粒子を流さずに磨き続けると、その粒子がまた表面に傷をつけてしまいます。

 

ちなみに、スチールウールで磨いただけではそこまで輝きは得られません。そのあと研磨剤で磨くことでピカピカにすることができます。

 

輝かないからといって磨きすぎると、メッキなどはどんどん薄くなっていってしまうので表面をならす程度のイメージで取り組むのが失敗しないコツです。

 

コンパウンドなど研磨剤で仕上げる

スチールウールで表面をならしたら、仕上げにコンパウンドで磨きます。最近はメッキ用のコンパウンドなども市販されているので、余裕がある人はそれを使いましょう。

 

ちなみに上記のワコーズ「メタルコンパウンド」はメッキのみならず金属部品には万遍なく使えて他のコンパウンドより輝くので少し高いですがおすすめです。さすがワコーズ!

 

通常のピカールなどの金属研磨剤でも問題はありませんので、予算と相談して決めてください。

 

手磨きの場合のコツとしては、均等な力加減で磨くという点と同一方向に磨いていくという点です

 

時間をかけて少しづつ丁寧に磨いていけば、メッキ部分はすばらしい輝きを取り戻すことでしょう。

 

アルミ部分

 

アルミもバイクに多用される素材の一つです。金属の中では軽く扱いやすいのが魅力ですが、酸化してくすみやすいのが欠点です。

 

エンジンヘッドやブレーキレバーなど目立つ部分が多いので、くすんでしまっている場合は綺麗にしておきたいところですね!

 

基本はメッキと同じでOK

 

アルミの磨き方はメッキ部分とほとんど同じで大丈夫です。下地作りとしてスチールウールを使い腐食部分を落とし、コンパウンドで磨くという流れになります。

 

コンパウンドもメッキ同様アルミ専用品があったりするので、こだわる人は専用品を使いましょう。

 

ちなみにアルミは柔らかいので磨きすぎに注意してください。均等に力を加えないと傷もつきやすいです。

 

予算に余裕があればサンドブラストもあり

 

空冷エンジンのシリンダー回りなど、パーツによっては複雑な形状をしているものがあり、スチールウールが届かないケースもあると思います。

 

その場合はサンドブラストを使うのも一つの手です。エアコンプレッサーで細かい砂の粒子を吹き付け、腐食した表面部分を研磨していきます。指の入らないような隙間も綺麗にできるのがいいですね。

 

ただしサンドブラストはエアコンプレッサーがないと使えないですし、そのためだけに導入するにはコストもかかります。工場などで時間貸しをしているところもありますが、どちらにせよ費用は結構かかるので余裕があれば検討してください。

 

コーティングを施す

 

アルミは磨いてもまた時間がたつとすぐに酸化してしまいます。その度に磨きなおすのは骨が折れるので、一度磨いて綺麗にしたらコーティングしておきましょう。

 

スプレータイプのものや塗布するタイプのものなど、アルミコーティングの専用品は市販であります。おすすめはやっぱりワコーズですけどね(笑)

 

 

ちなみにこのワコーズの「バリアスコート」は金属だけじゃなくプラスチックなどにも使えるコーティング剤です。バイクのあらゆるパーツをコーティングできるので複数本持っていると便利です。

 

せっかく綺麗にしたのであれば持続期間が長い方がいいと思いますし、塗装用のクリアなどでも代用はできますのでやっておきたいですね。

 

樹脂パーツ

 

プラスチックなどの樹脂パーツは腐食するということはありませんが、日光に当たり続けると白っぽく色褪せてきます。

 

目立つ部分には使われませんが、チェーンカバーなど細かいところまで気にする人はこういったパーツも磨いておきましょう。

 

樹脂用コンパウンドを使う

 

樹脂の場合は基本的にはコンパウンドだけで大丈夫です。ツヤを出すようなパーツではないので、くすみが取れれば十分だと思います。

 

ただしメッキやアルミは金属用研磨剤で代用できますが、樹脂パーツは樹脂専用品を使うようにしてくださいね。樹脂は柔らかいので、金属用では失敗する可能性があります。

 

 

値段もそんなに高くないですしプラスチックがくすんでバイクがくたびれている人は試してみてください!

 

艶消しブラックで塗装する

 

磨くという観点からはずれますが、黒い樹脂パーツは艶消しブラックで塗装しなおすと綺麗になります。

 

磨いても綺麗にならなかった場合や、手っ取り早く済ませたい場合は塗装でもいいかもしれませんね。

 

クリア塗装の磨き方

 

最後はカウルやタンクなどのクリア塗装の磨き方です。バイクの中で一番面積の広い部分になりますので、ここはピカピカにしておきたいですね。

 

コンパウンドを使い分ける

 

クリア塗装を磨く場合はコンパウンドを段階に応じて使い分けていきます。粗目から始めて中目、細目、極細目と進んでいく感じです。

 

少しづつ細かくしていくことでよりツヤが出やすく、仕上がりが綺麗になります。何度も言いますがバイクの中で一番目立つ部分なのでこだわっていきましょう!

 

 

私はいつも上記の液体コンパウンドセットを使います。粗目・細目・極細目が揃っていますし量もそこそこあるのでバイク一台ならこれで足りると思います。

 

ポリッシャーを使う

 

クリア塗装を磨く際は手磨きでも構わないのですが、ポリッシャーを使うと仕上がりが段違いにピカピカになります。手磨きだとどうしても力加減が難しく、均等にできないものです。

 

ポリッシャーを使えば時間も短縮できますし、面で均一に磨くことができるのでおすすめです。最近は手ごろな価格のものも出ているので購入しても損はないでしょう。

 

ちなみにポリッシャーにはシングルアクションダブルアクションの2種類があります。ダブルアクションの方が値は張りますが、ランダムな動きになり仕上がりが綺麗です。

 

 

価格はダブルアクションで1万切るくらいですね。ただそれは本体だけの価格なのでバフとか付随するパーツも合わせて買うとなるとそれなりの値段にはなりそうです。余裕があれば検討してください。

 

ワックスorガラスコーティングで保護

 

クリア塗装は磨いた後にワックスやコーティング剤を使うことでより輝きを持続させることができますし、汚れも浮きやすいので洗車が楽になります。

 

特に最近人気のガラスコーティングは施工の価格は高いですが、ピカピカになりおすすめです。表面が保護され傷もつきにくいので長く綺麗な状態を維持できるでしょう。

 

業者に頼まなくても上記で紹介した「バリアスコート」でも全体のコーティングを行うことは可能です。業者に頼む予算が厳しい人は試してみてください!

 

クリア塗装は磨きすぎに注意

 

最後に注意点ですが、クリア塗装は何回も磨くと薄くなっていきます。クリアがはげてしまっては元も子もないので磨きすぎには注意しましょう。

 

塗装は厚みがあった方が深みがあり光沢も出るものです。磨く回数はなるべく少なくなるように、普段から傷のつきにくい扱いをしたいものですね。

 

さいごに

 

いかがでしょうか。同じバイクでもピカピカの車体と色褪せた車体では別のバイクに見えるくらい差があります。

 

自分の愛車はいつまでもピカピカであってほしいもの。もし愛車がくすんだ見た目になってしまっているのなら、この記事に書いてある方法で磨いてあげて輝きを取り戻してあげてくださいね。

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年季の入ってきた愛車に…バイクのサビ取り方法あれこれ

男のロマン!原付の最高速度を上げる方法

バイク名車再生!レストアのベース車を選ぶ際のチェックポイント

バイクの慣らし運転って必要?初心者が知っておきたい慣らしの知識

エンジンオイルのおすすめな選び方!粘度について知っておこう!

バイクのバッテリー、寿命の目安と伸ばす方法