一本橋のコツを知ればバイクを操るのは簡単です!卒研合格までの道

 

教習所の講習の中でも一本橋は難易度が高く、運転になれないうちは合格するのが難しいと思います。

 

しかしクリアしない限り免許を取ることはできないので、なんとか渡れるようにしたいですね。今回は一本橋を難なくクリアするために知っておきたいコツを紹介していきますので苦戦している人は参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

一本橋合格の要件

 

まず一本橋の合格要件を確認しておきましょう。

 

  • 渡りきること(落下は失格)
  • 小型限定免許は5秒以上かけて渡る
  • 中型免許は7秒以上かけて渡る
  • 大型免許は10秒以上かけて渡る

 

以上を満たせば一本橋は合格となります。ちなみに秒数が足りない場合は減点されるだけで失格にはなりません。

 

落ちるくらいならアクセルを入れて渡ってしまおう

 

一本橋の場合は橋から落ちてしまうとその時点で試験中止となり不合格になってしまいます。なので「落ちそうだ!」と感じたらいっそのことスピードを上げて渡り切ってしまうのも一つの戦略です。

 

上記で書いた通り秒数が足りない場合は減点のみで失格にはならないので、他の試験でリカバリーできれば結果的に卒研は合格できる可能性があります。

 

一本橋ではメンタル面も大切

 

一本橋はテクニックの分野でもクリアするためのコツがありますが、それ以前にメンタル的な部分も重要です。

 

特に落ちたら一発不合格という部分がプレッシャーになってしまい、予期せぬミスを誘発する可能性が高いです。メンタルに関係する以下の項目に注目してみましょう。

 

目線はとにかく前!

 

私もバイクの免許を取得するため教習所へ通っていた時、一本橋が一番苦手でした。既定の秒数以上かけようとすると車体が不安定になり、途中で落っこちてしまうことが多かったです。

 

そんな時にバイク乗りの父に相談した時、目線に関するアドバイスをもらったんですね。その内容はとにかく遠く、前を見るということでした。

 

確かに振り返ってみると一本橋を渡っている時、曲がっていかないようにハンドル付近や下の方を見ていた気がします。

 

それからは前を見るようにしたのですが、まっすぐ進めているのかわからないので不安もありましたが車体は不思議と安定しましたね。私の場合は目線を変えるだけで合格要件を満たすことができたのです。

 

もし目線に関してあまり気にしていない人がいましたらぜひ実践してみてください。人によってはこれだけで難なく一本橋をクリアできるようになる可能性もあります。

 

気負いすぎない

 

一本橋はとにかく緊張します。落ちたら不合格になってしまうというプレッシャーは安定性を損なってしまいやすいです。

 

なのであまり深く考えないようにしましょう。落ちたらまた受けなおせばいいだけですし、落ちそうだと感じたら無理して橋に留まろうとせず、上記で書いた通り秒数が足りなくても渡り切ってしまえばいいのです。

 

一本橋はテクニックうんぬんよりメンタルが大切!これは覚えておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

具体的なテクニック

 

ではここからは一本橋をクリアするための具体的なコツ・テクニックを紹介していきます。

 

教習所でも教えられる項目が多いでしょうが、それだけ大切だということなので今一度見直しましょう!

 

ニーグリップを徹底する

 

ニーグリップとは両足の膝でバイクのタンクを挟み、固定するテクニックのことです。バランスを崩すと体制を取り直すために膝が開いてしまいがちですが、これは実は逆効果です。

 

しっかり足に力を入れてタンクを挟み、バイクと一体化することで安定します。無意識のうちに開いてしまいやすい人もいるので、一本橋に乗っている間は常に意識しておきましょう。

 

ギアはローギアで

 

一本橋を渡るとき、何速にギアを入れておくべきか迷うと思います。教習所の方で指定があれば別ですが、特に指示がなければ橋の上ではギアチェンジはしないでください。

 

そしてギアは1速か2速のローギアに入れておきます。もし2速に上げる場合は橋に入る前に変えておきましょう。ギアチェンジはバランスを崩しやすいので橋の上では厳禁です。

 

速度は半クラで調整

 

一本橋はローギアで渡るのでアクセルは基本回しません。ローギアはトルクがあり少しアクセルを入れただけで大きく車体が動くので落ちる危険があります。

 

速度はクラッチのつなぎ具合で調整しましょう。基本半クラ50%を維持して、速度が落ちてバランスを崩しそうになったらクラッチを80%くらいつないで速度を上げます。速度が上がって安定したらまた50%に戻す、といった具合です。

 

減速はリアブレーキで行う

 

逆に速度を上げすぎた場合は秒数が足りなくなってしまうのでブレーキを入れます。しかしフロントブレーキはリアに比べて効きがよくガタつきやすいです。

 

なので減速する場合はリアブレーキを使いましょう。手の方が加減を調整しやすそうですが、リアブレーキの方がゆるやかに減速できるのでたとえ足でも一本橋には向いているのです。

 

橋に入る際の速度も大切

 

小手先のテクニックをいくつか紹介してきましたが、それ以前に橋に進入する際の速度も重要です。

 

適切な速度で橋に入ることができれば特に速度の調整等を行わなくても、惰性で進んでそのまま規定以上の秒数をかけて渡りきることができるのです。

 

橋の路面状況や天候、使用するバイクのタイヤ状況によって条件は変わるので具体的に何キロが適切というのは言えないですが、自分が通う教習所、乗る教習車と照らし合わせて感覚で把握しましょう。

 

さいごに

 

いかがでしょうか。しっかりとした攻略法を持って臨めば、一本橋はそこまで難しい項目でもないと思います。

 

もしうまくできなくて悩んでいる人がいましたらこの記事に書いてある心構えやコツを実践してみてください。きっとうまくいくと思います。

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【タンデム】二人乗りでバイクを乗りこなすコツ

慣れれば簡単!一発で成功させるバイクの押しがけのコツ

初心者必見!バイクを上手に乗りこなすシフトチェンジのコツ

教習所攻略!バイクのスラロームをクリアするコツを伝授!

バイクの教習所攻略!S字クランクを上手にクリアするコツを解説!

立ちゴケしない!正しいバイクの取り回し方・コツ