ツーリングを快適に!バイク用インカムのおすすめTOP3!

 

ツーリングの必需品としてインカムがありますね。これがあるだけでバイクに乗りながら音楽が聞けたり仲間と会話ができたりとバイクライフのレベルが一気に上がります。

 

例えばツーリング中に急にトイレに行きたくなったりSAに寄りたくなった時など、予定外の行動をしたい時に仲間と会話できなければ意思を伝えるのは結構難しいですよね。

 

そんな時にインカムがヘルメットに装備されていればコミュニケーションを取る事ができ、自分の要望をしっかり相手に伝えることが可能です。

 

欲しい人は多いと思いますがインカムもネットなどで調べるとかなりのメーカー・種類が出ており価格も様々です。どれを選んだらいいのか迷っている人もたくさんいるでしょう。

 

今回はそんなインカムデビューを考えている人のために、当サイトがおすすめするバイク用インカムTOP3を紹介するので参考にしてください!

 

 

スポンサードリンク

 

インカムでできること

  • 仲間と会話ができる
  • 音楽が聞ける
  • ナビの音声案内が聞ける
  • ラジオが聞ける

 

インカムでできることは大まかに挙げると上記のような感じになります。特に利用頻度が高いのがやはり仲間との会話となるでしょう。

 

インカム同士をBluetoothで接続し1対1の会話はもちろん複数でのグループ会話も可能となります。みんなで喋りながらツーリングなんて楽しそうですよね。

 

ただ他社との互換性もあるとはいえメーカーが異なるとうまく接続できない可能性もあるので、仲間と購入する際はメーカーを揃えた方がいいと思います。

 

1位 B+COM(ビーコム)

 

 

バイク用のインカムで多くの人が使っているのがビーコムではないでしょうか。価格はそれなりにしますがクオリティは高く、満足しているレビューが多いと感じます。

 

人気の理由としてはノイズキャンセルを搭載したクリアな音質や長時間使用を可能にした大容量バッテリーはもちろん、国内メーカーであるということも挙げられるようです。

 

Bluetoothで音楽プレーヤーやナビ、スマホをつなぎながらビーコム同士もペアリングできます。音楽と通話の切り替えもボタンひとつで出来て簡単です。

 

ちなみにこのSB4Xの次の型として5Xという商品も出ていますが、こちらは1万円ほど値段が高いうえにレビューでも酷評が目立ちます。

 

4Xでもインカムとしての役割は十分にこなせますしクオリティは高いですから、特に最新機種にこだわりがなければこの4Xがおすすめです。

 

2位 SENA(セナ)

 

 

ビーコムの次に有名なインカムがセナですね。こちらの方がビーコムよりデザインは洗練されていて近未来的な感じとなっています。

 

価格帯は上記のビーコム4Xと同じくらいですし機能の面においてもどっちが優秀といった違いは特になさそうです。見た目やこだわりで決めても問題ないでしょう。

 

ちなみにセナは専用のスマートフォンアプリがあり、ペアリングや設定の変更などもスマホから行うことができます。スマホの操作に慣れた人なら簡単に設定できおすすめです。

 

また録音機能なんてものもついているので、ツーリング中の会話やエンジン音など思い出として残したい人にもおすすめです。

 

3位 DAYTONA(デイトナ)

 

 

バイクをいじったりパーツをよく買う人なら聞きなれたメーカーがデイトナではないでしょうか。デイトナのインカムは機能性はビーコムやセナに劣るもののとにかく安い!

 

ビーコムやセナは一台で2万超えの価格となっていますがデイトナの場合は2台セットで2万を切る価格となっています。一台当たりの価格にしたらお買い得ですね。

 

複数接続はマニュアルには自分含めて3台までと記載がありますが基本2台までと考えた方がよさそうです。夫婦とか2人で出かける人におすすめです。

 

またビーコムやセナが1km離れても会話できるのに対しデイトナは200mとなっています。二人ならそこまで離れることもないと思いますが一応注意しましょう。

 

スポンサードリンク

 

インカムを買う際の注意点

 

インカムは上記で紹介した商品以外にも様々なラインナップがあり価格もピンキリです。

 

インカムを買う際に気を付けたいことを以下にまとめておきますので、購入前に確認してみてください!

 

アップデート対応の早さ

 

インカム同士のペアリングは問題ありませんが、スマホとの接続に関してはスマホのOSにアップデートが入るとたびたび不具合が起きるようです。

 

メーカー側でこのアップデートの対応が遅いと今までできていたスマホとの連携ができなくなり、ストレスが溜まります。ここらへんをしっかり対応してくれるメーカーを選びましょう。

 

この記事で紹介したメーカーなら大手ですし過去のアップデートに対しても早急に動いてくれているので問題はありませんが、名もない中華製インカムなどを検討している場合は注意です。

 

レビュー・情報が多い

 

こうした無線端末は上記のアップデートだったり不意のトラブルが起きやすい商品でもあります。

 

機械関係に詳しい人なら問題はないと思いますが、疎い人はネットに対応策や設定の方法などの情報が多い機種を選ぶようにしたいところですね。

 

今回紹介したメーカーのインカムはユーザー数も多く、検索をかけるとたくさんの情報が出てきます。設定やトラブルでつまづいても解決できる可能性が高いでしょう。

 

さいごに

 

インカムを体験すると非常に便利ですし今までの手信号やジェスチャーとかをやっていた苦労はなんだったんだと感じるようになります(笑)

 

ただ決して安い買い物ではありませんので、用途や品質をしっかり調べて失敗しない買い物をしたいところです。安かろう悪かろうでは最悪ですからね。

 

インカム選びに悩んでいたという人は今回の記事を参考にして、快適なバイクライフを送ってください!

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛車を守る!おすすめバイクカバーと選び方のポイントを解説!

ライダー必見!バイク乗りが入れておきたいスマホアプリを紹介!

バイクで音楽を聴こう!おすすめヘルメット内蔵スピーカーはこれだ!

スマホがあれば迷わない!バイク用ナビアプリのおすすめはこれだ!

バイク乗り必見!おすすめスマホホルダーはこれだ!

バイクに時計を装着!おすすめ商品と選ぶポイントを解説!