これさえ知れば迷わない!バイク用グローブの選び方

 

バイクにはヘルメットやジャケットなどさまざまなアイテムがありますが、その中でもグローブは操作性にも関わってくる必需品です。

 

デザインや素材、機能性など選択肢はさまざまで市場にはかなりの数のバイク用グローブが溢れています。何を基準に選べばいいのか迷ってしまいますよね。

 

今回はそんな悩めるライダーのために、バイク用グローブを選ぶ際に外せないポイントを紹介していきますのでこの記事で正しいグローブの選び方を学びましょう!

 

スポンサードリンク

 

グローブをつけない、という選択肢はない

 

ライダーの中には「グローブなんて邪魔だしつけないよ」という人もいるかもしれません。特に夏は暑いのでつけない人が増えやすいです。

 

しかしバイク倶楽部としてはバイクを運転する際は必ずグローブを着用することをおすすめしています。理由は以下に解説していきますが、もしつけない派の人がいましたら今一度考え直していただければと思います。

 

操作性の向上

 

バイクはウインカーやアクセルワークなど手を使う動作が非常に多いです。細かな感覚は確かに素手の方が優れてはいるのですが、特定の環境下においてはグローブ着用時の方が操作性が上がります。

 

例えば夏場は汗をかきますよね。手汗で滑ってウインカーを出すのが遅れたりアクセルワークをミスったりする危険性が出てきます。

 

また夏場であっても長時間バイクに乗っていると手は走行風によって冷えていきます。手が冷えれば感覚が鈍くなりますのでこれも操作性を下げる要因になるのです。

 

こうしたリスクをなくすためにグローブの着用をおすすめします。

 

ケガの防止

 

グローブの着用を推奨するもう一つの理由がケガの防止です。転倒する際、人は無意識に手から地面につきます。あまり速度が出ていなくても素手ではケガを免れることはできないでしょう。

 

グローブをしていれば擦り傷は高確率で回避できますし、モノによってはプロテクターがついているタイプもあるので打ち身や骨折を防ぐこともできるかもしれません。

 

バイクを運転する際は安全面を考慮して、皮膚むき出しの箇所を作らないということが大切なのです。特に手は一番ケガをしやすい場所なのでグローブでしっかり保護してください。

 

素材でグローブを選ぶ

 

では実際にバイク用グローブを選ぶ際のポイントについて解説していきます。

 

まずはグローブの素材で選んでいきましょう。最近はバイク用グローブにもさまざまな素材が使われています。それぞれにメリット・デメリットがあるので自分に合った素材を見つけましょう。

 

革(レザータイプ)

 

革はバイク用グローブの素材としてはオーソドックスなものですね。使えば使うほど手になじみ、長持ちしますのでコストパフォーマンスが高いです。

 

見た目もおしゃれなのでバイクに乗る際のファッションを気にするライダーにもおすすめできるでしょう。

 

ただしデメリットとしては通気性が悪い点雨に弱い点が挙げられます。夏場ではグローブ内が蒸れるため不快かもしれません。そして雨は革に染み込みますので濡れると重くなり、乾くまで時間もかかります。

 

布(メッシュ)タイプ

 

メッシュタイプはイメージしやすいと思いますが通気性が高いです。夏にストレスなく使用することができるでしょう。さらに軽いので手が疲れにくいというのもメリットです。

 

デメリットは耐用年数が他の素材に比べて短いという点ですね。長く使うとほつれてきて穴が開いたりします。見た目的にも良くはないので買い替えのスパンは早いと考えておきましょう。

 

また革と同様雨にも弱いです。すぐに染み込み手が冷えます。革と違って乾くのは早いですが雨の中運転せざるを得ない場合は他の素材にした方がいいかもしれません。

 

ゴアテックスタイプ

 

あまり聞きなれない素材ですが、ゴアテックスというのは水は通しにくく水蒸気は通しやすいという特殊な素材となります

 

つまり雨は通さないが蒸れ(水蒸気)は逃がしてくれるので天候の悪い時に適した素材であると言えるでしょう。この特性ゆえ登山用グッズによく使われています。

 

革やメッシュが雨に弱い特徴を持っているので、雨が降っている環境下では一番おすすめの素材であると言えます。

 

しかしゴアテックスは値段が高めなのがデメリットですね。さまざまな素材を複合したものになるので仕方のない部分もありますが、予算と相談して決めましょう。

 

天候や気温などの環境で決める

 

上記で紹介したような素材の中でどれを選ぶかは、自分がバイクに乗る際によく遭遇する環境で決めてみるというのもおすすめの選び方です。

 

バイクの使用目的によって環境は限定されてくると思いますので自分のパターンと照らし合わせて参考にしてください。

 

ツーリングメインならメッシュ

 

バイクを完全に趣味として乗っている人であれば素材はメッシュをメインにしたものがおすすめです。

 

冬場はツーリングのシーズンではないですし、事前に天気をチェックして行くでしょうから雨に降られる確率も低いと思います。こうした環境ではゴアテックスなどは必要ないですね。

 

夏場に出かけることが多いと思いますので通気性の高いメッシュであれば快適にツーリングすることができるでしょう。

 

足として使うならゴアテックス

 

バイクを通勤や通学など普段の足として使っている人は雨や雪など過酷な環境に遭遇することも多いと思います。また冬でもバイクに乗ることになると思いますので素材はゴアテックスがおすすめですね。

 

特に冬の運転はかなり厳しいので防寒の意味でも推奨できるでしょう。ただしゴアテックスは夏は暑いので夏場だけメッシュに変えるという風に使い分けするのもいいかもしれません

 

スポンサードリンク

 

運転スタイルで選ぶ

 

自分がどういったバイクに乗っているのか、どういった運転をするのかでグローブを選ぶこともできます。

 

見た目や安全面などどこに重点を置くかによって選択肢が変わってくると思いますので参考にしてみてください。

 

アメリカン乗りなら革

 

アメリカンタイプのバイクに乗っている人は見た目を気にする人が多いと思います。ファッションに力を入れている人もたくさんいるでしょう。

 

そういった意味では革性のグローブはおすすめです。アメリカンと革はよく似合います。革ジャンやブーツなども似合いますからね。

 

アメリカンに乗っている人は転倒の危険のあるような運転はせず、ゆっくりゆったり走る人が多いのでそこまで安全面に気を使う必要はないと思います。見た目重視でいきましょう!

 

レース・峠を走る人はプロテクター付を選ぼう

 

レースを走る人はレーシンググローブという専用品が売られていますのでそれ一択になると思います。

 

安全を考えてプロテクターがほぼついていますし、プロテクターの素材もカーボンにする(軽量化のため)など全てがレースのために考えられています。

 

そこまで本格的じゃなくても峠道を走ったりすることが多い人は転倒のリスクがありますので、安全面を考えた選び方が必要です。

 

プロテクターは必須ですし、素材も丈夫な革や厚手な布を選びましょう。メッシュで薄いタイプだと転倒した時にすぐに破けるのでケガのリスクが上がります。

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか。グローブとひとえに言ってもかなりの種類、選択肢があることがわかっていただけたと思います。

 

デザインで選ぶというのも一つの方法ではありますが、まずは自分がどういった用途・スタイルでバイクと付き合っていくのかを考えるのが失敗しないグローブの選び方です。

 

この記事を参考にして自分に最適なグローブを選んでみてくださいね。

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイク乗りの靴選び!おすすめブーツと選ぶポイント!

バイク乗りの雨対策!レインウェアのおすすめと選ぶポイントを解説!

夏にするべきバイク乗りの服装はこれだ!快適な運転をするポイント