【タンデム】二人乗りでバイクを乗りこなすコツ

 

カップルでデートに出かけるときや、ツーリングで相方のバイクが故障してしまった時など、誰かを後ろに乗せて二人乗りをする機会もあると思います。

 

しかし二人乗りってやってみるとわかるんですが、慣れないと結構難しいんですよね。下手なタンデムはかなり怖いです。

 

今回はそんなバイクの二人乗りを上手にこなすコツを紹介しますので参考にしてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

運転者が心がけること

 

タンデムに慣れていないと非常にバランスが崩れやすいので、とにかく車体を安定させるようにすることが第一です。

 

あとは同乗者がより安心して乗れるように安全な運転に配慮することですね。上手に二人乗りをするための細かいコツは以下に紹介しますので実践してみてください。

 

急発進・急ブレーキはしない

 

運転している自分は急発進や急ブレーキをすることが事前にわかっているので焦ることはないですが、同乗者は違います。

 

心の準備ができていない状態で急発進や急ブレーキされると非常に怖いですし、場合によっては首を痛めます

 

運転者にしっかり捕まっていなかった場合は最悪落下する危険性もありますので、車体の動きは緩やかになるよう心がけましょう。

 

半クラを使用しシフトショックを軽減する

 

雑なクラッチ操作も同乗者にとってはストレスになるケースがあります。シフトチェンジをするたびにガクガクしては安心して乗れないですよね。

 

クラッチをつなぐ時は半クラを多用し、ゆっくりとエンジンの力をタイヤに伝えていきましょう。

 

これを心がけるだけで同乗者の乗り心地はかなり変わっていきます。

 

あまりバンクさせない

 

バイクの運転に慣れている人は車体をバンクさせることに抵抗のない人が多いですが、普段乗らない人は傾くことに恐怖を感じることがあります。

 

同乗者がバンクに慣れていないと、それに抵抗するように身体を動かしてしまうことがあります。そうすると車体の重量バランスが崩れて運転しづらいですし、転倒する可能性も0ではありません。

 

曲がるときはなるべくゆっくり、バンク角も小さくなるようにした方が同乗者に優しい運転になります。

 

前かがみにならない

 

これは乗るバイクの車種にもよりますが、運転する人は前かがみになりすぎないようにしましょう。

 

同乗者は運転する人にしがみつくようにするのが一番安定するのですが、運転者が前かがみだったり姿勢が悪いと非常にしがみつきづらいです。

 

レーサーレプリカなどセパハンのバイクは自然と前かがみの姿勢になってしまうので難しいかもしれませんが(そもそもレーサーがタンデムに向いていないですが…)できれば背中は垂直に近い方が後ろは安心です。

 

スポンサードリンク

 

同乗者が心がけること

 

次は同乗者が気を付けるポイントの紹介になります。タンデムは同乗者の動きによって上手に乗れるかどうかが決まります。

 

自分でもバイクを運転する人は後ろに乗るのも上手いのですが、普段乗らない人は恐怖心もあると思います。

 

運転しやすい環境にして、安全に運転してもらうためにも以下のポイントに注目してみてください。

 

運転者に密着する

 

バイクの特性上、重心は真ん中に来た方が安定します。後ろの人が運転者から離れると重心が分散してしまって安定しなくなってしまうのです。

 

人によっては運転者に密着するのは恥ずかしいというケースもあるかもしれませんが、安全には変えられないので少しの間我慢しましょう。

 

バイクの動きに逆らわない

 

二人乗りはこれがすべてです。バイクの動き、重心の移動に関しては逆らわずに合わせるようにしてください。

 

上記でもありましたが、慣れていない人は曲がるときなど恐怖心からバイクの動きに逆らう傾向があります。

 

曲がるためにバイクが傾こうとしている時にそれに抵抗するとバランスを崩して危険ですし、ライダーも非常に運転しにくいです。

 

後ろに乗る人はライダーとバイクの動きに身を委ねて、素直に体を預けた方が逆に安全です。

 

ひざを閉じる

 

ライダーでいうところの「ニーグリップ」というやつですね。運転する人はタンクをひざでしっかり挟み込むことで安定します。

 

後ろに乗る人もライダーをひざで挟んでしっかり固定しましょう。やってみると感じますが、安定感が全然違います。

 

逆に足が広がっていると風の抵抗を受けて怖いです。足が固定されていないと段差などでガクッとした際に落ちそうになるので気を付けましょう。

 

さいごに

 

二人乗りは運転する人と後ろに乗る人がそれぞれを思いやって配慮することで初めて安全運転ができます。

 

カップルなどでタンデムツーリングをする時に、運転が怖かったらまったく楽しむことができませんよね。

 

特に彼女はバイクに乗ることに慣れていないというケースがほとんどだと思います。

 

初心者の方でもこの記事に書いてあるコツを実践していただければ、だいぶ安全にタンデムすることができるようになりますのでぜひ実践してみてください!

 

ちなみに原付は法令上二人乗りできませんので注意してください。(もちろんいないと思いますが…苦笑)

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

教習所攻略!バイクのスラロームをクリアするコツを伝授!

初心者必見!バイクを上手に乗りこなすシフトチェンジのコツ

バイクの教習所攻略!S字クランクを上手にクリアするコツを解説!

一本橋のコツを知ればバイクを操るのは簡単です!卒研合格までの道

【教習所】急制動は怖くない!安定してバイクを止めるコツを解説!

慣れれば簡単!一発で成功させるバイクの押しがけのコツ