バイクのエンジンがかからない時にチェックする6つのポイント

 

エンジンがかからない…バイク乗りが頭を悩ませるトラブルで一番多いのがこのケースだと思います。

 

バイクに詳しい人であれば原因や対策がわかると思いますが、バイクを普段の足としてしか使っていない人や乗る専門で機械にはまったく詳しくない人なんかは焦ってしまいますよね。

 

状況によっていろいろなケースが考えられますが、エンジンがかからない時に試してほしいことをまとめましたので参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

うっかりミスのチェックをする

 

エンジンがかからないと非常に焦ります。特に行きは問題なかったのに出先でいざ帰ろうとしているときにこのトラブルに見舞われると不安になるかもしれません。

 

しかしいざ原因がわかると「なんだ、そんなことか!」と気づかなかった自分が情けなくなるようなことが原因だったということも珍しくありません。

 

焦っている時は冷静な判断ができないものですので、まずは以下のうっかりミスがないか確認してみましょう。

 

燃料切れではないか

 

これ、意外と多いです。特に昔のバイクやスポーツタイプのバイクの場合、燃料計がついていないものは注意が必要です。

 

ついさっきまでは問題なくエンジンがかかっていたり、セルが元気に回る場合は燃料が足りない可能性があります。リザーブに切り替えたらあっけなく始動したということもありますのでチェックしてみましょう。

 

燃料コックがオフになっていないか

 

これも上記の燃料切れに関連する項目ですが、燃料コックをオンにし忘れていたというケースもあります。

 

バイクは乗らない時は燃料漏れなどのトラブルを防ぐためにコックをオフにしておくことが望ましいのですが、しばらく乗る機会がなくてオフにしたことを忘れていたりするものです。

 

「バイクに乗る前にコックをオンにする」という習慣がない人はチェックしてみてください。

 

キルスイッチが入っていないか

 

特にスポーツタイプのバイクなどではキルスイッチがハンドルのそばに搭載されているものがあります。これが気づかぬ内にオンになっているケースですね。

 

キルスイッチというのはエンジンの点火プラグに行く電流を遮断するシステムのことで、これがオンになっていると点火プラグから火花が飛ばないためエンジンはかかりません

 

本来は走行中のエンジントラブルなどの際にすぐエンジンを切れるようにするためのスイッチなのですが、街乗りメインの人はあまり使う機会はないでしょう。

 

そしてスイッチの位置は緊急時にすぐ手が届くようにハンドルの近くにあります。何かの拍子にスイッチが入ってしまっているケースが考えられますので確認しましょう。

 

スポンサードリンク

 

電装系トラブルを疑う

 

上記のうっかりミスがなければ、何かしらのトラブルが発生している可能性があります。バイクのエンジンの原則は点火・燃料・圧縮です。

 

このどれかが欠けてしまうとエンジンはかからなくなってしまいます。圧縮を確認するのは素人には難しいので、燃料がしっかり供給されているのであれば点火、つまり電装系を確認しましょう。

 

バッテリーが弱っていないか

 

電装系のトラブルで一番多いのがバッテリーの劣化です。特に長期放置されていたバイクなどでは自然放電によりバッテリーが上がってしまっているケースがあります。

 

セルスターターを回した時に元気がないようであればバッテリーを疑いましょう。もしバッテリーが弱っていることが原因であればバッテリーを充電するか押しがけ、キックスターターでエンジンがかかるかもしれません。

 

バッテリーは消耗品です。もし長らくバッテリーを交換していない場合は疑ってみましょう。バッテリーの寿命や長持ちさせるコツに関しては以下の記事でも紹介しているので参考にしてください。

 

関連記事:バイクのバッテリー、寿命の目安と伸ばす方法

 

プラグがかぶっていないか

 

キャブレターを使用しているバイクの場合は点火プラグがかぶってしまっている可能性があります。特に燃調が濃くなりやすい夏の時期はこのプラグかぶりを疑ってみましょう。

 

詳しくない人のために解説しておくと、プラグかぶりというのは点火プラグがガソリンの湿気によって濡れてしまい、火花が飛ばなくなってしまう現象を言います。

 

エンジンというのは空気とガソリンが混ざった混合気を点火プラグの火花によって着火させ、爆発させることで動きます。火花が出なければ着火させることができないのでエンジンはかからないというわけです。

 

特に夏場は気温が高く、ガソリンが気化しやすいので混合気のガソリン比率が上がりやすくなります。ガソリンが多いとプラグが濡れやすくなりますので暑い日は注意が必要です。

 

かぶりが原因の場合は一度プラグを外して乾かすか、しばらく放置して自然に乾くのを待つことで火花が飛ぶようになります。

 

何度もセルを回したりキックペダルを踏んでクランキングさせるとどんどん湿っていってしまうので、少し間をおいてみるということも試してみてください。

 

プラグ本体が死んでいないか

 

上記ではプラグかぶりによる失火の可能性を記載しましたが、プラグそのものが劣化により死んでいるケースもあります。その場合は湿っていなくても火花を飛ばすことはできませんので、エンジンはかかりません。

 

火花が飛んでいるかどうかはプラグをバイクのフレームなど金属部分に触れさせた状態でセルを回したりキックを入れることで確認できます。

 

問題なくプラグが機能していればフレームなど金属部分に向かって飛ぶ火花を目視することができますので確認してみましょう。(感電にはくれぐれも注意してください!)

 

ただし明るいところでは火花がよく見えないので、夜に確認するか暗いところでチェックするのがおすすめです。

 

プラグもバッテリー同様に消耗品ですので定期的な交換をしておく必要がありますし、こういったトラブルの際にすぐ交換できるようストックを持っておくことも考えましょう。

 

エンジン本体のトラブル

 

以上のことをすべて確認しても原因が特定できない場合は、いよいよエンジン本体にトラブルを抱えている可能性が高くなってきます。

 

もしエンジンに問題がある場合は無理にセルを回して動かしたりすると、機関にダメージを与える危険があります。上記の内容を試してダメだった場合はエンジンを動かすのはいったんやめましょう。

 

エンジンのトラブルというのは工具が揃っていないとバラせませんし、素人には敷居が高いので、ここまで来たら素直にバイク屋さんに頼んだ方が早いです。

 

自分であれこれやって、他の部分にまで支障が出てしまっては余計に出費もかさんでしまいます。自分で解決できない場合は早い段階でプロに見てもらうのが一番です。

 

さいごに

 

いかがでしょうか。エンジンがかからないというトラブルはちょっとしたミスから、重大な故障まで原因はさまざまです。

 

エンジンに問題がある場合は、なんの前兆もなくかからなくなるといったことは少ないですので、急にかからなくなった場合はこの記事の内容が参考になると思います。

 

特に出先でのトラブル時は帰れるか不安になって焦ってしまうかもしれませんが、そんな時こそ冷静になって原因の特定に努めましょう。

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛車を守る!バイクの盗難対策で知っておきたい10の項目

冬のバイク始動!かかりにくい理由と対処法、暖気の必要性を解説!

クラッチの滑りってどんな症状?知っておきたいバイクのトラブル解決法

バイクのバッテリー切れ!対処法と充電する方法を解説!