「バイク=危ない」は誤解?本当は安全な理由

 

バイクの免許を取ろうとしたら家族に反対された、といった話は非常によく聞く話です。バイク好きな人にとっては「バイク=危険」と捉えられるのはあまりいい気がしないものです。

 

車や自転車など、道路を走る他の乗り物と比べて本当にバイクは危ない乗り物なのか…今回はこの点について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

バイクは正しく乗れば安全

 

まずは結論からです。どんな乗り物でもそうですが、正しくマナーを守って乗っていれば安全です。

 

事故を起こす可能性というのは車もバイクも行動を走る以上同じですし、むしろ小回りが利いて瞬発力の高いバイクの方が危険回避能力は高いと言えるでしょう。

 

車幅感覚なども車は自分の体より大きな範囲を感覚で把握しなければなりませんが、バイクの場合は自分の体の幅とほぼ同じなのでわかりやすいです。

 

またウインカーなど保安器もしっかりついているので車道を走るロードバイクなどよりも行動を他者に伝えやすく、事故を招くリスクは低いと言えます。

 

バイクが危険だと言われる要因

 

ではなぜ車に比べてバイクにはこんなにも危険だ、とか危ないといったイメージがついてしまっているのでしょうか。

 

それには以下の理由があるからだと考えられます。

 

事故を起こした際の怪我リスクが高い

 

バイクのマイナスイメージの原因の大部分がこれでしょう。

 

車に比べて身体がむき出しになっているので、事故を起こしてしまった場合、特に転んでしまった場合は無傷とはいかなくなります。

 

車であれば事故を起こしてもエアバックであったり、身体を守るための構造というのもがあるので幸いにも身体は無傷といったケースもあります。

 

安全運転をしていれば車もバイクも事故を起こす可能性は同じですが、実際に事故を起こした際の身体的リスクはバイクの方が高いというのは間違いないです。

 

そういった意味で考えれば「(事故を起こした場合は)バイク=危険」とは言えるかもしれませんね。

 

マナーの悪いライダーが多い

 

バイクで事故を起こす人のほとんどが、無理な車線変更やすり抜けによる巻き込みなどです。機動力が高い分、無理な運転をすると事故のリスクが高くなります。

 

特にすり抜けは原付や小型排気量車など、小さい車体のバイクが多いので車の死角に入りやすく、巻き込まれる可能性が高いです。

 

実際車で公道を走っていると、自分の横をすり抜けていくバイクは結構います。そしてその度に「危ないなぁ」と思うのも事実です。(自分がバイクに乗っている時はすり抜けすることもありますが…笑)

 

すり抜けがいい・悪いといった話ではなく、世間的にイメージが悪いということが問題です。バイク=危ないという印象にはこのすり抜けは大きく関係していると言えるでしょう。

 

暴走族や走り屋などイメージが悪い

 

これはごく一部のライダーではありますが、爆音で街を集団で走る暴走族や峠をサーキットのように走り回るローリング族もバイク乗りのイメージを悪くしています。

 

今は時代の流れでそういった連中はほとんど見かけなくなりましたが、バイクに乗ることに反対する人々は若い頃にそういったライダーをたくさん見ていると思います。

 

ニュースやドキュメントでも取り上げられており、一時期は社会問題にもなっていましたので極端なイメージを持っている人も多いです。

 

スポンサードリンク

 

安全にバイクに乗るために

 

これからバイクの免許を取ろうと思っているけど、親が反対するので説得したい…なんて考えている高校生、大学生くらいのバイク好きもいると思います。

 

そんな時はなんでバイクが危ないと思われているのか、上記の内容を伝えると共にこれから紹介する「安全に乗る」という点をアピールしてみたらどうでしょう。

 

動いている車の横をすり抜けない

 

バイクのメリットの一つに「渋滞知らず」という点があります。特に通勤・通学の足としても使いたいライダーにとっては大きなポイントではないでしょうか。

 

すり抜けをするなとは言えませんが、安全にバイクに乗っていくためには動いている車の横はすり抜けない!という事が重要です。

 

自分が気を付けていても相手の車がウインカー無しで車線変更してきたり、死角に入ってしまって右左折に巻き込まれるといったことは起こりえます。

 

たとえ相手の不注意であっても怪我のリスクが高いのはバイクの方なので、動いている車には近づかないというスタンスは徹底した方がいいでしょう。

 

不規則な運転をしない

 

車でもそうですが、次の行動が予測できない運転をする人は見ていてハラハラします。

 

そんな車・バイクが自分の側を走っていたら不安になってしまいますし、印象も決して良くないと思います。特にバイクは急な加速・減速・車線変更を行う人が多いです。

 

機動力が高いゆえの弊害ではありますが、近くを走るドライバーは年配者かもしれません。こちらの急な動きに対応できるとは限りませんので余裕を持って行動することが大切です。

 

装備をしっかりする

 

バイクは身体がむき出しになる分、事故を起こしてしまった場合は深刻な怪我を負う可能性があると言いました。

 

これはどうしようもない点ではありますが、少しでもリスクを軽減する努力はするべきです。その一つが装備をしっかりすることでしょう。

 

ヘルメットはできればフルフェイス、ツーリングに行くときはプロテクターブーツなどをしっかり着用することで事故を起こした場合の後遺症などに大きな差が出てきます。

 

背中にプロテクターを入れていなかったせいで転倒時に脊椎を損傷して半身不随なんて話も聞いたことがあります。装備をするだけでそういった重大なリスクを回避できるのであれば導入するべきです。

 

バイクのイメージアップはすべてのライダーの課題

 

以上、バイクが危険・危ないと思われている理由を記載してきました。また、正しい運転をすれば本当は安全な乗り物であるということも分かっていただけたと思います。

 

これだけ世間にバイクに対するマイナスイメージが植え付けられているのは、マナーの悪いライダーたちの責任でしょう。

 

世間のイメージが悪ければバイク乗りにとって肩身が狭い思いをすることにもなってしまいます。このマイナスイメージの払しょくは全てのライダーの課題です。

 

この記事を読んだあなたも今一度、自分の運転を見直していただいて、バイクマナーの向上に努めていただければ嬉しいです。

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

入れ間違えたら壊れる!?ハイオクとレギュラーの違いを解説!

バイクの中古車選び!失敗しないためにチェックするポイント!

排気量別!バイクの税金、種類や金額を知っておこう!

バイク免許の種類と取れる年齢を知ろう!

バイクのすり抜けは違反?ライダーの素朴な疑問を解説!

バイク・車のABSって何だ?安心のブレーキシステムについて解説!