愛車を守る!おすすめバイクカバーと選び方のポイントを解説!

 

バイクの保管方法として一番いいのは室内ガレージなど完全に雨を防げる場所に入れるという方法ですが、そんな恵まれた環境を持つ人は少ないと思います。

 

バイク乗りの多くが青空駐車を余儀なくされていると思いますが、バイクを保護するカバーにはこだわりを持っているでしょうか?

 

バイクカバーをいいものにするだけで青空駐車のダメージをかなり軽減でき、愛車の寿命を大きく伸ばすことが可能となります!

 

今回は軽視されがちなバイクカバーの重要性とおすすめのバイクカバーを紹介していきますので、バイクを外に保管している人は参考にしてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

バイクカバーの役割

バイクカバー 役割

 

バイクカバーは「雨を防ぐ」というのがイメージとして強いと思いますが、役割は決してそれだけではありません。青空駐車のあらゆる危険から愛車を守ってくれるのです。

 

  • 雨を防ぐ
  • ホコリを防ぐ
  • 日光を防ぐ
  • 盗難を防ぐ

 

ざっと思いつくだけでもバイクカバーは上記のような危険から愛車を守ることができます。こうやって見ると雨以外にもバイクを痛める要因はたくさんありますね…。

 

特に直射日光紫外線なんかは目に見えないですがプラスチックやゴム製のパーツを痛めますから要注意です。また防犯面からも目立たないようにできるのはカバーをつけるメリットですね!

 

バイクカバーを選ぶポイント

バイクカバー 選び方

 

調べてみるとわかりますがバイクカバーって値段にかなりの幅があるんですよね。安いと2000円くらいからありますが高いと10000円を余裕で超えるものまであります。

 

もちろん予算に余裕があるのなら高いバイクカバーを買っておけば問題はないと思いますが、そうもいかない人もいるでしょう。

 

まずバイクカバーを選ぶ時に最低限外せないポイントを以下に解説していきますので、選ぶ時はチェックするようにしてください!

 

防水性・撥水性が問題ないか

 

まずバイクカバーの役割として大きな「雨を防ぐ」という部分に関してです。ちゃんと雨を防げるようにバイク全体を覆える作りになっているかは確認するようにしましょう。

 

またバイクカバーに撥水加工がされているかも要チェックです。雨が染み込んでしまうようでは意味がありませんし湿度が高くなり錆の原因になります。

 

まぁ防水性や撥水性は安いバイクカバーでもしっかりしているものが多いのでそこまで気にする必要もありませんが、購入する前には一応チェックするようにしてくださいね!

 

耐熱性が高くエンジン熱に耐えられるか

 

耐熱性が低いバイクカバーだとエンジンの熱で溶ける可能性があります。バイクのエンジンを切ってしばらくは熱がありますので耐熱性も重要チェックポイントです。

 

冷めるまで待つことが毎回できるような余裕のある人ならいいですが、そんな人はあまりいないでしょうからね。エンジンの余熱で溶けないかどうかはしっかり確認しましょう!

 

ベルトや固定するパーツはついているか

 

ただ被せるだけのバイクカバーも多くありますが、それだと風で飛ばされたり隙間から雨やホコリが入り込んだりして完全にバイクを守ることができません。

 

ベルトがついていてバイクに固定することができたりチェーンロックを通す金具がついていたりするカバーもあるので、そういったタイプの商品を選ぶようにしましょう!

 

おすすめのバイクカバー

匠シリーズ

 

バイクカバーの最高峰が上記の匠シリーズですね。お値段は2万超えとかなり高価ですが、バイクカバーとして必要な要素を全て満たしています!

 

特に紫外線への耐性が高く、かなり長く使えると評判です。安物のバイクカバーだと紫外線でやられてすぐボロボロになったり破けたりしますからね…。

 

買い替えることなく長く使える点を考えれば多少高くても購入を検討する余地はあると言えるでしょう!これがあれば愛車の青空保管は完璧です!

 

コミネ バイクカバー

 

さすがにバイクカバーに2万以上も出せないという人は上記のコミネのバイクカバーがユーザーの評判もよくおすすめです!

 

こちらもバイクカバーとして必要な条件は満たしており、耐久性にも優れているため匠シリーズほどではないかもしれませんが長く使っていくことが可能です。

 

価格も匠シリーズの半額くらいなので、予算に余裕がないけどバイクカバーにはこだわりたいという人は検討してみてくださいね!

 

さいごに

 

バイクカバーは安物で済ませてしまうとすぐに破けたり買い替えが必要になってしまい、結果的に高くついてしまいます。

 

だからといってカバーをしない状態ではバイク自体の劣化が早まります。青空駐車をするライダーにとって意外とバイクカバーって重要なんですよね。

 

愛車と長く付き合っていくためにもいいバイクカバーを使って大切にしていきましょう!ぜひ今回の記事を参考にバイクカバーを選んでみてくださいね!

 

スポンサードリンク

バイクの売却を検討中の人へ

「新しいバイクが欲しい」「乗らなくなってしまった」などバイクの売却を考えている人へ向けて高額査定をゲットするコツ&おすすめ業者ランキングを書きました!

「自分の愛車はいくらで売れるのか…」気になっている人はチェックしてください!

高額査定のコツとおすすめ業者ランキングはこちら!

 この記事へのコメント

  1. ルパン より:

    貴重な情報ありがとうございます。バイクカバーについてですが私のお勧めは2重カバーです。まず匠のカバーですが高級なカバーほど防水性弱いです。バイクが蒸れない事に重きを置いているようです(最新のものは不明ですが)。なので私は匠のカバーに完全防水と書いてあるセールで5,000円ぐらいのカバーを追加で覆っています。この安いカバーでも十分紫外線対策はありそうなので、匠のカバーでバイクを守る、防水カバーで匠(バイク含)を守る、としています。1年ほどたちますが防水カバーも問題はないですね。予定では安い防水カバーの交換だけで、匠カバーを長く使う作戦です。また安いカバーは内側の処理が無いのでカバーでバイクを傷つけてしまいます。(ちなみに置き場所は横雨ありの屋根付きカーポートですが)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホがあれば迷わない!バイク用ナビアプリのおすすめはこれだ!

バイクに時計を装着!おすすめ商品と選ぶポイントを解説!

バイク乗り必見!おすすめスマホホルダーはこれだ!

ツーリングを快適に!バイク用インカムのおすすめTOP3!

ライダー必見!バイク乗りが入れておきたいスマホアプリを紹介!

危険を回避!バイク用GPSレーダーのおすすめを紹介!